カテゴリ:ミシュランレストラン( 20 )

日本出張 1/2017 - ミシュラン一つ星 Benoit @ 青山

出張が決まったのは出発する2週間ほど前だったのですが、そのとき土曜日の昼間のミシュラン星ランチを予約しようとしたら空いていたのがこちらのBenoit. 時間があったのでその辺を散歩していたのですが、ファーマーズマーケットに遭遇しました。
a0124555_13184589.jpg
どのお野菜もおいしそう!カラフルな野菜から果物まで、この近所に住んでいたらさぞかし楽しいのだろうなあー、とうらやましくなりました。

さて、予約していた12時半になったのでお店に入ったら眺めもよく明るい店内二頭されました。シャンパン特集の月で、シャンパン3種で5000円だったのでそちらを。Pommery brut, Vranken Cuvee Diamant, 2000 Demoiselle La Parisienne.

a0124555_13183078.jpg
私はフォアグラ付きサラダにしたのですが、フォアグラって脂っこくて苦手だったのにこちらのは上品で非常においしくいただけました。シャンパンとぴったり。トリュフも1グラム250円でトッピングしていただけたので、かけていただきました!
a0124555_13183245.jpg
幸せ~!!250円って安いですよね。5切れくらいです。
さらにメインのホタテにも1グラムかけていただきました!
a0124555_13183561.jpg
デザートの前にはチーズをアラカルトでつけていただきました。
a0124555_13183801.jpg
その中から、ラングルー、ブリアサバラン、エポワスを。
a0124555_13184136.jpg
ブリヤサバランの熟成がいまいち、、、と一緒にいった方のコメントがありましたが、固めのリコッタのようなさわやかな風味でシャンパンにもよくあいました。おいしかったなあ。でもチーズのせいでデザートがおなかいっぱいで一口しか食べれず、、、
a0124555_13184350.jpg
シトラスたっぷりでさわやかだったのですが、、無念、、、

ランチだからかとてもお手ごろで、飲み物とランチで18000円ほどでした!おなかいっぱい満足満足。ご馳走様でした~!



[PR]
by haustin | 2017-03-05 01:17 | ミシュランレストラン | Comments(0)

ロンドン旅行 12/2016 - ミシュラン1つ星 Petrus

翌日は、ゴードンラムゼイのレストランでミシュラン一つ星で1人でも予約が取れた、Petrusへ。
滞在していたアパートからバッキンガム宮殿、ハイドパーク経由でしっかり歩いておなかをすかせて歩いていきました。
ホリデーシーズンだったので、ランチメニューは$75のPre fixか$95のテースティングメニューのみ。今回はPrefixで。

最初にシャンパンをいただきながらアミューズを。
a0124555_07080046.jpg
奥はブリオッシュの一口前菜で、手前はスイートポテトとなんだったか、、ポタージュでした。あっという間に終わり(笑)
前菜には、かにとキャビア。
a0124555_07080149.jpg
シャンパンにあってあっさりしていくらでも食べられるお味。見た目もお味もよかったです。
メインは、ラム。
a0124555_07080376.jpg
今までいただいたことがないくらいにやわらかくて癖がなくておいしかった!!!奥は胸腺のラビオリです。うむ・・・
これにペアリングしたのがオーストリアの赤。
a0124555_07080889.jpg
どちらかというとピノに近い味で繊細なのですが少しスモーキー。上品なラムにぴったりでした。
デザートは洋ナシと栗の芸術的な一品。
a0124555_07080673.jpg
甘さ控えめでおいしかった~。

これだけ楽しんでサービス料込みで130ポンド程度でした。大満足!

それにしてもイギリスはサービス料が含まれているところがほとんどで、清算が楽で助かりました。アメリカもそうしてほしい!!


[PR]
by haustin | 2017-01-29 02:07 | ミシュランレストラン | Comments(0)

ロンドン旅行 12/2016 - ミシュラン1つ星ガストロパブ Harwood arms

到着した翌日は、ランチを予約していたHarwood Armsというガストロパブへ。
a0124555_06542586.jpg
21年前にロンドンにきたときはスコーン以外おいしいものがわからず大変苦労したのですが、今はたっくさんのおいしいものがありすぎて困りました(苦笑)。こちらのお店、予約は12時からとれたのに、実際は12時半からの開店で、時間をつぶすために近所を30分ほど散策、、

店内は落ち着いてますが温かみのある色使い。
a0124555_06542370.jpg
今回訪れたのがホリデーシーズンで、メニューはPre fix
a0124555_06542716.jpg
UKのワインがおいしくなっている、とうわさに聞いていたところでUKスパークリングがあったので、まずはこちらをいただきながらメニューをじっくりと拝見。Gusbourne Brut Reserve
a0124555_06543440.jpg
シャンパンに劣らないほどの品質でした。いやはやおいしかったです。こちらにあわせて魚で通すことに。最初はさば。
a0124555_06543062.jpg
脂がしっかりのっていて美味~。おしょうゆでいただいてもおいしかったのだろうなあ・・
メインはサーモン
a0124555_06543200.jpg
付け合せに無料でマッシュドポテトが添えられていたのですが、非常にクリーミーで濃厚でした。おいしかった~。

スパークリングがおいしくて2杯いただいてしまいました。ご馳走様でした~!


[PR]
by haustin | 2017-01-28 02:53 | ミシュランレストラン | Comments(0)

南米シーフードレストラン La Viga@ Redwood city

サンフランシスコにお住まいのお友達Mさんと半年以上ぶりに再会できる週末。サンノゼとの中間地点のこちらのお店で待ち合わせ。一応ミシュラン推奨レストランです。
Redwood cityのダウンタウンから少しはずれた寂しげな通りにあります。
a0124555_08253432.jpg
12時に訪れたときはがらがらでしたが1時ごろ満席になってました。
まずは乾杯でペルーのCusquenaビールを。
a0124555_08252727.jpg
飲みやすいラガーでした。乾杯の後はお食事。セビーチェ3種盛りはおいしかったですが、魚の量が驚くほど少なかったのが残念。。
a0124555_08252751.jpg
お次はJicamaサラダ。
a0124555_08253142.jpg
しゃきしゃきしてヘルシーです。レーズンやマンゴもたっぷり入ってます。
お次はタコス。私はサボテンの葉のグリルも乗ったカルネアサダを。Mさんはポーク。
a0124555_08252933.jpg
カルネアサダおいしかった!Mさんもこの後追加注文してました。飲み物がなくなったので、ライムとチリの入ったChavelasを。
a0124555_08253372.jpg
豪快でびっくり!!!辛さは意外とすくなくて、氷とライムがたっぷりなのでアルコール低めです。さっぱりしているのでシーフードによくあいます。

この後コーヒーをいただいて、おなか一杯!!!たまりにたまった近況話でかなり盛り上がり、楽しい2時間でありました。楽しいお時間ありがとうございました~!
















[PR]
by haustin | 2016-12-26 01:24 | ミシュランレストラン | Comments(0)

Village pub @ Woodside

今までブランチ、ディナーで何度か行ったことがあったミシュラン1つ星 Village pubですが、なぜかブログに書いたことがないことに気づいたので改めて、、(笑) 体内クレンズ中でありましたが、出張多くて多忙なMさんがアルベルトさんのオイルを購入したいとのことで、都合のあったこの日に私が買った3本のうちの1本をおすそわけするために、サンフランシスコとサンノゼの中間地点のこちらのレストランでブランチをすることに。

相変わらずお客さん層は裕福な白人層かアジア系。クラシカルな店内で優雅なひと時を皆様お過ごしされています。車もフェラーリとかロールスロイスもちらほら。メニューはよく変わりますので、何度いってもあきません。

日曜日はブランチメニューがあります。女子二人だったので、サーバーのおじさんがシェアする?といって分けてサーブしてくださいました。

a0124555_09334915.jpg
まずはエッグズベネディクト。サラダのドレッシングがすごくおいしくて、よく絡まってたのが印象的。オランデーズソースはくどくなくあっという間に平らげてしまいました。あらかじめ分けてくださっているので、こちらで通常の半分の量。

お次はサワードーパンケーキ。
a0124555_09335027.jpg
こちらもあらかじめ分けてくださって登場。イチゴのコンポートはあまり甘すぎず、パンケーキもふわふわのスフレタイプ。別添えのメープルシロップとよく合います。

サービスで3種類のマフィンやスコーンも登場。でもおなかいっぱいで1つしか食べられず。手作りレモンカード、ジャムもそえてあります。
a0124555_09334846.jpg
ミモザを飲みたかったのですが、禁酒中だったのでぐーっと我慢。その代わり、食事中は炭酸水を2本、食後に紅茶をいただきました。
a0124555_09335195.jpg
単なるイングリッシュブレックファストではなくおそらくラプサンスーチンなどがブレンドされてました。ミルクとよく合います。Mさんはコーヒーを頼んでましたが、同じくポットでサーブされていました。

3ヶ月ぶりくらいだったのに、お互いいろいろその間に面白いことがあって、話しに花が咲いてあっという間に2時間半経過しててびっくり! お会計は一人40ドル弱。この雰囲気でこのサービスなら悪くないかと。こちらはバーも充実していて、夜はカウンターが人でいっぱいです。次はまた夜きたいな♪



[PR]
by haustin | 2016-05-31 02:31 | ミシュランレストラン | Comments(0)

Wako @ San Francisco

昔の同僚MさんはSFにお住まい、かつ出張が多くてなかなか最近あえなくてもんもんとしていたのですが、ついに私がSFに繰り出してレストランでキャッチアップすることになりましたー!お店はMさんが家族ぐるみで常連という、最近ミシュラン1つ星も獲得したWako. SF近辺には日本人オーナーの和食レストランでミシュランを獲得しているところがどんどん増えてますので、質の高い和食をいただくことが可能です。

この日は5時半に待ち合わせ。5時ごろに到着したので、駐車スペースもまだありました。6時以降は無料もうれしいです。近辺にはアイリッシュパブや、スペイン食材と小物のお店 The Spanish tableがあったり、こじんまりとおしゃれ。時間が少し合ったので、Spanish tableでパエリアの食材や、アヒージョ用の器もゲット。イベリコハムやセラーノハムの種類も豊富でした。

さて、私たちが一番のり。常連のMさんのおかげで、オーナーシェフの目の前のカウンター特等席に通されました。前日にはSFジャイアンツの会長が座ってらした席だとか!その前にはミシュラン3つ星のレストランに呼ばれてコースを特別に提供されるような和食会の重鎮もいらしたそうで、なんだか2016年は幸先のいい年になりそうな予感~(笑)
a0124555_04191486.jpg
さてまずは乾杯。日本酒の種類は豊富で、ビールもいくつかありましたが、Weisenスタイルのこちらから。
a0124555_04191605.jpg
日本のクラフトビール、侮れないですねー。コースは2種類で、7品と握りコース。私はいろいろいただきたかったので7品コースを。
最初にお通し。
a0124555_04191740.jpg
あんきも、レンコンとホタテの揚げ物に梅味噌、りんごと胡桃入りの白和え、いくらのおろしあえ。どれもとってもおいしくてこれだけで満足してしまいましたが、まだまだ続きます!お次はお刺身。自家製の柚子胡椒が最高。
a0124555_04191874.jpg
お次は鯛の蒸し物。ソースはわさびバター風味。このあたりから、白ワインをいただきました。グラスはカリフォルニアのシャルドネとソーヴィニヨンブランがあります。特にイカやホタテなど魚介類にあうソーヴィニヨンブランでこの後ずっと通しました。

a0124555_04191994.jpg
お次はてんぷら。ウニが衣に練りこんであるので、衣がオレンジです。さくさくして最高でした。
a0124555_04192041.jpg
この後はお楽しみの握りが登場です。新鮮なねたはほとんど築地から。
a0124555_04191562.jpg
a0124555_04191570.jpg
カウンターでしかもシェフの目の前って最高ですねー。お二人の丁寧なお仕事を拝見しながらMさんとの話も進みます。

a0124555_04144157.jpg
お待ちかねの最初の握りは、さより。
a0124555_04143568.jpg
a0124555_04143631.jpg
小さなナプキンが一緒に届くので、手でぱくりといただきます。さよりって久しぶりにいただきましたが、あっさりとして新鮮でいくらでもたべられそうー!ネタにあわせて味が最初からついてます。ちなみにガリはローカルの方から購入されているそう。

お次はすみいか。ぷりぷりでおいしいんです!
a0124555_04143799.jpg
お次はミル貝。中国人が買い占めて値段が上がったと昔聞きました。今では高級食材。コリコリで最高!
a0124555_04143875.jpg
途中で、亀の手という貝のお口直し?というかもしかしてサービス?が登場。酢味噌であえてあります。お寿司メニューに亀の手、というのがあって気になっていたのですが、食感はやわらかめで、少し後口に苦味も感じられる珍しい一品。
a0124555_04144008.jpg
お次は柚子胡椒ののったサーモン。つるりといただけます。
a0124555_04144222.jpg
お次はシマアジ。
a0124555_04144338.jpg
お次は軽くしめたさば。
a0124555_04144402.jpg
さらにカニ味噌ののったかにまで~。これもソーヴィニヨンブランによくあいました。魚よりやっぱり甲殻類や貝にあうようです。
a0124555_04144553.jpg
幸せの頂点だわー!と思ったところで最後に大トロの登場。金箔がのっていてなんともゴージャス!
a0124555_04173573.jpg
これが最後のにぎりでした。おすしはそんなに食べられないなーとおもってたのですが、シャリが小さいのでパクパク食べれてまだいけそう、、、ということで、お寿司メニューから2貫注文。まずは金目ダイ。
a0124555_04173650.jpg
脂がのっていて、あぶりで香ばしくなっているので、口に入れたとたんごま油風味と勘違いしてしまいました。おいしかったなあ。。
お次は、あわび。肝が乗ってます~
a0124555_04173711.jpg
ほんとはもっと食べれれたのですが、さすがに太るなあ、、、と思ってやめておきました(苦笑)
その後のお味噌汁でほっこりと。
a0124555_04173899.jpg
モンブランのムースデザートも。甘さ控えめでおいしかった!!!
a0124555_04173954.jpg
予想通り3時間ほど食べてしゃべって楽しい時間をすごすことができて、Mさんには感謝感謝。
ちなみに、一人、コース+おすし2貫、ビール1本、グラスワイン3杯で150ドル+チップでした。ミシュラン1つ星でアメリカにあるレストランとしてはとても良心的な価格だと思います!コースだけで150ドルとか普通ですから。

その後近所のイタリアンでご飯をたべたりして時間つぶしをしていた旦那といっしょにアイリッシュパブで1杯。
a0124555_04492325.jpg
運転してくたやさしい旦那にも感謝感謝なのであります。

[PR]
by haustin | 2016-02-08 03:58 | ミシュランレストラン | Comments(0)

日本旅行 10/15 11日目 - 神戸 カ・セント

ついに41歳になったこの日。無事にミシュラン3つ星ランチを予約することができたので、神戸のカ・セントにお邪魔しました。今回も予約の電話がつながらず、30分かけまくって何とかつながって予約を入れられたときにはなんともいえない一仕事終えた達成感があったのを思い出します。さらにその後リコンファームもとり損ねないようにするためにこちらからかけたり、いつも苦労するのですがどうしても行きたいんです。

岡山から新神戸までは新幹線であっという間。駅弁は我慢しましたが、ブドウだけは我慢できず。。どうしてこんなに甘くておいしいのだろうー!
a0124555_648126.jpg

神戸には学生時代に住んでいたので、土地勘があり、ふらふら散策するのがすきなので、新神戸の駅からこのお店までは歩いていきましたが、30-40分くらいかかるので、荷物があるならタクシーをお勧めします。実際遠くからいらしてるお客さんが多いようで、大き目の荷物を持ってタクシーで到着されてました。
a0124555_6482744.jpg

店内はシックでモダン。大阪のFujiyaとは同じミシュラン3つ星スペイン料理でも雰囲気がぜんぜん違います。
a0124555_6483750.jpg

最初の乾杯はシャンパンをボトルで。FujiyaでもグラスでいただいたPierre Peters "Cuvée de Réserve" Brut Blanc de Blancs
a0124555_6484749.jpg

さすがLe Mesnil. サロンまでとは行きませんが、ミネラルたっぷりでクリーン。余韻が長くてそれでいて料理の邪魔をしません。なんてエレガントなシャンパンなのかしら~。それ以外にもシャンパン、カバの品揃えはかなりありました。ワインリストの写真は撮影不可だったので載せられませんが・・・

さてここからお料理が始まります。でもメニューがありません。知らずにあまり聞かず、メモも取らず、よってなんだったか定かでないものがたくさんあるのはご了承ください・・・
たぶん1品目はごぼうのスープ。
a0124555_6491100.jpg

フォアグラの下にメレンゲがあるのと、上には芋でできたものが乗っていたのですが、名前不明。これおいしかったのです。。。シャンパンによくあって・・・
a0124555_649194.jpg

お次はいくら。下にはポテトのピューレが。
a0124555_6493536.jpg

なんともフレッシュなアンチョビがさくさくのパンだったかなにかにのっているもの。ほどよい塩気、たまねぎの酸味など一緒にいただくとシャンパンによくあう一品でした。
a0124555_6495533.jpg

こちらは鴨の血のソーセージ。
a0124555_6501497.jpg

かつおとなんだったか、、味噌。
a0124555_6503166.jpg

こちらは鯛を何とかソースであえていたのですが、ど忘れです。。。
a0124555_650514.jpg

こちらはひらめだったか、上のどわすれしたソースの変形版と合えていたのですが、、、、
a0124555_651784.jpg

フォカッチャのようなパンもおいしかったです。
a0124555_6512854.jpg

こまごました料理を一度に並べていただくとなんと圧巻。幸せ~。
a0124555_6515057.jpg

でもこれでおなかいっぱいになっていてはいけません。お口直しのサラダ。Hajimeで昔いただいたようなくらいに何十種類もお野菜が入っています。熱いチーズのドレッシングをかけていただきます。
a0124555_652453.jpg

旦那にも何とかがんばってもらいながら、私も旦那の野菜を食べたらほんとにおなかいっぱい、、くるしい・・

お次は鴨。大きさはおなかの具合で小さくしてもらえます。焼き具合が最高です。
a0124555_653312.jpg

鴨には赤でしょ。ということで、グラスで鴨にあうものを、とお願いしたら、2010 Domaine des Croix Cent Vignes, Beaune Premier Cru

a0124555_6531531.jpg

きれいな色で、香りも華やか。鴨にぴったりでした。

さらにお次はなんとスペイン風おじや。シーフードの香りが漂ってきます。その場でついで下さるのですが、ほんとにおなかいっぱいで少しだけで精一杯。濃厚で本当ならもっと食べたいところだったのですが、限界が(涙)
a0124555_6534096.jpg
a0124555_65453.jpg

何とか食事が終わり、デザートへ。ブドウのはいったこちらのデザートは、生姜がきいて消化によさそうな味だったのを覚えてます。甘さは控えめ。
a0124555_6542613.jpg

さらにとどめの最後のデザートは、りんご。消化にとてもよくてほっとする味でした。
a0124555_6544923.jpg

お値段が今年から少し上がったとのことでしたが、ミシュラン3つ星でこの内容なら文句はぜんぜんありませんし、むしろ安く感じます。ワインのお値段も抑え目で、食事と一緒に頼みやすく、合計で40000円程度。
大変満足しました。

ただここから少し残念だった点。。。。一つ目は、誕生日だとあらかじめ言っていたのに、当日何の一言も触れられなかったこと。今回、電話でリコンファームのときに誕生日なことをいったら、850円だったか何かで、ケーキ、花、写真、メッセージをつけますといわれたのですが、ただでさえ品数多いところで追加でケーキ、さらに旅行中に花をもらっても困るので、「追加は不要なんですが」、といったら、「メッセージはただでお付けします」、といってたと思いましたが、メッセージも何もなかったです。
ちなみに、今まで誕生日に予約して行ったレストランで、こんなに何のコメントもないお店は初めてでしたし、ミシュラン三ツ星って料理だけじゃなくてサービスも抜かりないとおもっていたのでかなーり残念でした(苦笑)。

あともう一つは、ワイングラス、シャンパングラスが素敵だったので、「どちらのですか?」と聞いたら、ソムリエの方が、「スロバキアかどこかのです、後でお店の情報おもちします」といっていたのに、ぜんぜんフォローアップがその後なかったこと。家に帰って思い出しました(苦笑)。

なんとも料理とワイン以外のソフト面でがっかりしたのでありました。

さて、気を取り直して、この後は下関に移動~!
[PR]
by haustin | 2015-11-15 02:32 | ミシュランレストラン | Comments(0)

La Folie Lounge @ サンフランシスコ

9月半ばのとある土曜日。サンフランシスコのロシアンヒルズにある料理仲間のMさんちに初めてお邪魔してきました!グルメなW嬢夫婦と我が家のゲストの学生君を含めて7人でホームパーティー。どうせサンフランシスコまでいくなら、ということでホームパーティーの前に、Mさんちの近くにあるミシュランひとつ星レストラン La Folieの併設Loungeで乾杯しよう!ということにあいなる。

前菜になりそうな生ハムとスペックを、フェリービルディングのBoccaloneで調達。ここのサラミと生ハムがすきなのです♪♪ あとAcme breadによって、焼きたてチャバッタもゲット。それにしてもフェリービルディング、ものすごい賑わいでした~。

ロシアンヒルズのMさんちにたちよって荷物をおいたら、徒歩15分くらいのところにあるLa Folieへ。
a0124555_551727.jpg

ラウンジは明るくて開放的。私たちのように軽く立ち寄ってもよいし、La Folieでの予約を待つ間、ここで1杯飲みながら時間をつぶしている人がかなり多かったです。そういう人たちは少しおめかししていて、席の準備ができて時間がきたら、飲み物を持ったままラウンジからレストランに移動してました。
a0124555_55373.jpg

カウンターはレストランまちと思われるお客さんで大混雑。でも私たちが陣取っていたソファー席近辺はゆったりと混雑してなくてよかったです。周りのロシアンヒルズのバーは若者で大混雑でうるさそうでしたが、ここはさすがミシュラン1つ星併設だけあって、年齢層も高めでシックで落ち着きます。

まずは乾杯!私がいただいたのは、Kaki Folieという本当なら柿の入ったカクテル。写真手前ですが、このオレンジの物体は実はグレープフルーツでした。。。味もグレープフルーツ。。。間違ったのかと思って確認したらこれがKaki Folieだと。柿がなかったのかな。かなりがっかり(苦笑)
a0124555_555616.jpg

男性陣はビールで乾杯してましたが、MさんはDark and Stormyというジンジャービール入りのラムベースカクテル。ホームステイゲスト君はさっぱりとモスコミュールを。W嬢は遅れていたのですが、この後ヘミングウェイというウオッカベースのカクテルを飲んでました。

さて、おつまみにはまずだんなも食べられそうなGougeres with Emmental Cheeseというチーズのおつまみを。以前ワイン仲間のMさんちでいただいたのは、シンプルでおいしかったのですが、こちらのは中にトリュフ風味のチーズクリームが入っていて、だんなびっくり(苦笑)。私はおいしいと思いましたが、トリュフと書いてなかったので意外でした。
a0124555_561482.jpg

お次は、W嬢がピックしたTruffle Deviled Eggs。このデビルドエッグ、今まで食べた中で一番クリーミーでしたが、バニラビーンズの味がするのがなんとも不思議でした。トリュフの味はほとんどなく、うーむ・・??ただ、付け合せのにんじんピクルスなどはさっぱりとしておいしかったです。
a0124555_563576.jpg


柿カクテルと微妙なデビルドエッグにちょっとがっかりしたものの、雰囲気はとても気に入りました。違うカクテルを今度はためしてみたいな。レストランメニューもこちらでいただけるそうなので、一人でグルメしたい人は、カウンターで飲みながら、ミシュラン一つ星のプレートをいただくこともできるのがよいかもです。

1時間半ほどおしゃべりした後は、いよいよMさんちでホームパーティー。続く~
[PR]
by haustin | 2015-10-16 02:29 | ミシュランレストラン | Comments(0)

ミシュラン推奨韓国料理レストラン Jang su Jang

シンガポールと日本から来ていた同僚が帰国、別の同僚が出産から戻ってきて、チームランチへいくことに。何度か行ったことがあった、MilpitasのJang su Jangにて。

6人なので、大皿を頼んでシェア、というわけで、家族と来るたびにいつも頼むほど好き!と上司がいうカルビ(Galbi)とプルコギ(Bulgogi B.B.Q)と、中国人同僚が大好物というシーフードチジミ(こちらではチジミといっても通じなくてPancake)、私はサラダがたっぷり乗ったどんぐり麺(DotoleeYachae Bibimguksoo)、シンガポール人同僚がスンドゥブ(英語だとSoon tofu。。。)を二種類注文。今までは、個別でしか頼んだことなかったので、ビビンパとスンドゥブしか味わったことなかったのですが、今回はいろいろ食べれてうれしい!

ちなみにサンノゼ近辺の市では、アジア人人口が高いため、韓国料理屋がたくさんあります。


韓国料理屋さんにいくとたくさんお通しが出てくるのがよいですよねー。このお店では8品でてきます。お変わり自由です。ご飯は白ご飯だけではなく、1ドル足せば雑穀米にしてもらえます。
a0124555_9555252.jpg

コーン茶とともに、プルコギとチジミ登場。こちらのチジミは日本の薄っぺらい前菜というより、ほんとにパンケーキ並みに分厚くて、おなかいっぱいになります。でも具沢山でさくさくしておいしいです。プルコギとカルビは甘めの味付けでとてもやわらかいです。
a0124555_956193.jpg

私が楽しみにしていたどんぐり麺登場。麺が見えないほどたっぷりの野菜がてんこ盛り!さっぱりとしてヘルシーなのがよかったです。
a0124555_9563836.jpg


スンドゥブは写真撮ってませんが、サイズは日本で見るのと同じサイズです。あの鍋がデフォルトサイズなのでしょうかね。どれも無難な味で、日本から来た人を連れて行ってもはずれがないのがいいです。今度はもっと変わったものが食べたいなー!
[PR]
by haustin | 2014-03-17 09:50 | ミシュランレストラン | Comments(2)

日本旅行 11/13 ⑩  - ミシュラン3つ星 Fujiya1935

京都の紅葉を2日満喫した翌日は、ホテルをチェックアウトして、荷物を置いたまま、大阪の本町にあるミシュラン3つ星 Fujiya1935でランチをしてきました。一度いってみたかったのです。創作スペイン料理。旦那が食べられるものがないのではないか、、、と心配でしたが、今回のメニューは奇跡的に旦那が食べられるものがあって本当によかったですー!!

関西の高級レストランにいくと、シリコンバレーや東京の高級レストランよりずいぶんリーズナブルでいい意味で驚きます。今回もそうでした♪ そしてランチならおなかいっぱいたべてもヘルシーですしねー。あと、服装もミシュラン3つ星でもスーツじゃなくてカジュアルな人が多いのも大阪ならではだと思いますです。

12時からの予約で到着したときにはすでに3組以上先客が。
a0124555_6465971.jpg

薄暗いウエイティングルームでハーブティーと一緒にゆっくりと準備を待ちます。
a0124555_6471664.jpg

上から水が落ちてきて、この円形の水色のオブジェの上をくるくると水玉が回っておちていきます。水玉によってすんなりいったりいかなかったり、面白くてずーっと見てました。
a0124555_6473058.jpg

2階の席に案内されて、まずはグラスのシャンパンから。Pierre Peters Blanc de Blancsです。
a0124555_648693.jpg

ここのVintageのはだいぶ前に呑んだことがあったと後から気づきました(ラベルがぜんぜん違うので)が、ここは有名なRMらしいですね。渋い選択が私のつぼにぐっと来ました。このランクのグラスシャンパンでも1800円ってのがさらにうれしいです。

コースにあわせてこの後はペアリングワイン4種を。Cavaがついてくるのですが、シャンパンに変えることもできます(値段Up)といわれたのですが、あと4種類ワインで出していただいても飲めるので、この後4種類ワインで出していただくことに(笑)。昼ワインって最高だわー。

ここで最初の前菜3種。左から、ふわふわの気泡たっぷりトリュフパン、むかごのアンチョビソース、チーズボール。
a0124555_648319.jpg

トリュフ嫌いな旦那もこれなら食べました(苦笑)。ふわふわなので口でぱくっといただきます。写真で見てわかるとおり、お店のインテリアは木がメインで、お皿も雰囲気があります。
ほかのミシュラン三ツ星とはかなり違う雰囲気ですが、リラックスできるのがよいところでしょうか。

次のハーブソースのお魚に合わせてボルドーのソーヴィニヨンブランベースの白。 Chateau Perron La Gourdine 2010. 
a0124555_649271.jpg

お魚はこんな風にきれいに届けられます。うーん、おいしそう。
a0124555_6494384.jpg

ここでさらに泡がかけられます。たしかに泡がかかってきたら、きれいな状態が拝めませんでしたから、いいプレゼンテーションだったかと思います。
a0124555_649594.jpg

ハーブがしっかり利いているので、ボルドーの白にぴったり!

お次は、生の白えびがパイのようにはさまれていて、いろんな豆と一緒に隠れています。豆の粉も添えられてます。
a0124555_6502088.jpg

えびの甘みと豆の甘さがなんともいえず、さくさくの生地とぴったりです。

これにはイタリアのシャルドネ、Villa Angela Chardonnay 2011, Marche です。
a0124555_6511989.jpg

繊細な料理にぴったりの繊細なシャルドネでした。重すぎず、かといって軽すぎもせず。。。いいペアリング。

そうしているとついにパンの登場。密閉されて、暖かい石の上に乗せられてきますので、保温できます。添えられているのは、バターとゴマバター。
a0124555_70130.jpg

このパン、丁寧に作られているのがわかる、本当においしいパンでした!!

お次のパスタに合わせて、2011 Domaine Alexandre Bain Pouilly-Fumeが登場。
a0124555_6515242.jpg

このソーヴィニヨンブランは、最初のボルドーよりもずっとボディがねっとりとしていて、これだけで飲んでもとてもおいしかったです。

さて、このワインに合わせてきたのは、いのししとにんじんのラグーのパスタ。
a0124555_6532531.jpg

にんじんだから食べないと、私の料理だったら絶対食べないであろう旦那ですが、このお店では上のにんじん以外がんばって食べていました。にんじんの甘みが絶妙、さっぱりとしておいしかったです。いのししだけなら赤ワインのほうがあったと思いますが、野菜の甘みのほうが強かったので白でぴったりでした。

メインは、カモ、しいたけ、ざくろです。ソースは別途席でかけてくださいます。
a0124555_6544311.jpg

ロブションのカモもおいしかったですが、私はこちらのほうがシンプルであっさりとしていて好きでした。しいたけもなんだかとてもおいしかったです。旦那の分も頂き(笑)。

これにあわせては、また渋いところをついてきます。2009 Casa Vinicola Pietro Nera Grumello Tirso
a0124555_655437.jpg

カモといえばPinotというペアリングではなく、イタリアで、しかもロンバルディアといえば、バローロなどネッビオーロが思い浮かびますが、それの親戚で、キアヴェンナスカという品種を100%つかってます。スムーズで、酸味が多少あるもののバランスのよい果実味があり、ピノノアールやネッビオーロに共通しているところがあって、カモによくあいました。

あー、満足させていただきました。この後、デザート前のお口直しに、ゆず風味のジェラートと洋ナシのコンポート。
a0124555_6552980.jpg


最後のデザートには、箱と、栗のプディングにラム風味のコーヒーゼリーが乗せられたものが登場しました。で、箱を空けたら、スモークされた栗が煙とともに登場!プレゼンにとてもこだわりを感じます。
a0124555_6555561.jpg

栗はそのままいただきましたが、デザートに載せて食べても、ということでした。

最後に食後のコーヒーと、シェフのお母様が作ったという自家製果実酒3種類。
a0124555_6561252.jpg


少しつけすぎだったのか、苦味が強く感じられましたが、このようなサービスはうれしいですよね。

コース全体、ワインペアリングととても楽しませていただきました。こんなに満喫して、3万円以下、300ドル以内で収まるなんて、アメリカではありえません!!というか、円安でよかったー(笑)

ご馳走様でした!!
[PR]
by haustin | 2013-12-16 01:40 | ミシュランレストラン | Comments(2)


カリフォルニアサンノゼ在住。ガーデニングと採れた野菜を使ったシンプル料理・ペアリングが趣味。ホームステイ受入れ中。提携ホストファミリーも募集中。お問い合わせはhomestay@fitawi.comまで。


by haustin

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
Cooking
Breakfast・Dessert
Pizza
Homestay
Home and Gardening
Travel
Champagne
Wine
Beer
Other drinks
Restaurant
ミシュランレストラン
Hiking
Health
Book and Studies
Misc
未分類

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...

最新のコメント

>huijiaさん ..
by haustin at 14:00
> Akiさん こ..
by haustin at 01:48
こんばんは。 カリ..
by artfarmandgarden at 19:13
>Aquaさん そ..
by haustin at 13:25
わあ~~~!ナンですかこ..
by Aqua_blueY at 13:21

検索

お気に入りブログ

vivid memories
butakoの2年間の休...
コック家の生活 in フ...
shina_poohな日...
フィレンツェ田舎生活便り2
世界たべあるき日記
知りたがりやの食べたがりや
北イタリア自然派生活
ブルターニュから美味しい...
Lush Life
Piccoli Pass...
セロリ日記
イタリアで過ごす日々
イタリア~ノ ご家庭レシピ
日本、フィレンツェ生活日記
パルマの食と生活
LaLaLa La Me...
シチリア食通信 、時々イタリア
シチリア時間BLOG 2
ボローニャとシチリアのあいだで
地中海の島がえり
UNDERCURRENT
wine, food a...
アート農場と庭

ブックマーク

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
料理・レシピ

画像一覧