日本から帰ってきました。

1週間あまり、出張してました。東京、毎日友だちと会えて楽しかったー!
でもものすごく忙しく、今までブログをする余裕さえなく。。。。生きてました。。。


私はそんなに頻繁に出張がないし、日本に行くときはANAで、普段はUnited.そしてビジネスを使わせてはくれないので、エコノミーです。今年は、中途半端に出張が増えそう(日本とラスベガス)なので、ちょっとラウンジ使いたいかも、、、、と思い、Priority Passというものに入ってみました。99ドル年会費で、1回27ドル。

でもこれ、SFOはUAのレッドカーペットしか使えず、これがまたしょぼい。でもまあ新聞読んだり仕事するにはいいか、、、とはいえインターネット有料なんだよね(苦笑)。

成田も、セキュリティ通る前にIASSエグゼクティブラウンジというものがあったらしいが、中に入るとKALしかない。これがまた4時半にしまるという。。。というわけで、今回は帰りは使わず。
乗り換えが多かったりすると、活躍しそうだな、このPass。ラスベガスのもチェックしないと。

もう少し様子見て、継続か解約か考えよう。



久々の東京は、相変わらず人が多く、どしどし電車で押しのけられ、また山手線のうるさい車内アナウンス、人身事故の多さに驚き、でもホテルでは外人が多いので、せこせこせずゆったり、というアメリカとあまりかわないなーという感じで。でも実際はアメリカ人というよりイギリス人かオーストラリア人とフランス人が多かった。発音から察したところ。

心配した花粉症は、あまり出ませんでした。一応薬飲んでたし。

今回は宿泊が新宿ヒルトンで、アップグレードしてもらったのが幸い。いろいろ便利でした。
サウナに朝いって、激務を乗り越えました。この私が?金曜日以外は飲酒は2杯程度に抑えてたんだからすごい。仕事のことが気になって飲めなかったのである。。。

6時半起床→ サウナ→ メールチェック→ 朝食→ メールと電話→ コンビニでおにぎり購入→ オフィスにて食べながらミーティング→ ディナー→ メール→ お風呂→ 12時ごろ就寝

というルーティンが続く。 


旦那への電話も忘れるくらい、次から次へとどうやったらこんだけ・・・と押し寄せてきた仕事。ランチ時間もなく、お土産買う暇もぎりぎり。



到着初日は、ホテルから近いパークハイアットのパークラウンジにて、F嬢と仕事やら結婚話で盛り上がる。久々のパークハイアットのラウンジ、月曜だったせい?がらがら。
カクテルを2.5杯ほどいただき、タクシーで戻る。

あ、衝撃だった事実!アメリカに来て歩かなくなったせいか、歩くのが非常につらかった。地図で見たときは近いと思って歩いた、ヒルトン、パークハイアット間。徒歩15分ほどだったが、行きは雨もなくなんとか歩いたが、帰りは挫折。。。。こんなはずじゃー!

その後怠惰な私は、新宿駅からヒルトンまでもタクシーを使ってしまった。ありえないー!
(その後、数日歩くのに慣れてきて、1度徒歩で往復したらたいしたことなく感じたけど。。。なれとは恐るべし!)


二日目は、新橋にてYさんご夫婦とお魚三昧。
はやし水産というお店に飛び込みで。ほかのお勧めのお店は全部満席であったため。

魚がたくさん食べたかった私は満足でしたー!なぜか山菜も充実。活かわはぎの刺身を肝醤油でいただいたり、いくらてんこ盛りの巻物や、活ホッキ貝、山菜てんぷら、うどスティック、中トロお刺身、ぶりシャブ などなど。

a0124555_834443.jpg
a0124555_835212.jpg
a0124555_84157.jpg


カメラを忘れたので、ブラックベリーで写真を。

それにしても、かわはぎは、顔がでかくて、こわかった。美味しかったんだけどね。。。。
やっぱりビール2杯と、梅酒ロック程度で終わり。

この食事の前に、45分ほどあったので、新橋前のビルにあったマッサージ屋でマッサージしてもらう。肩甲骨から頭にかけて30分ほど、ほんとにゴリゴリと。。。。でもこの質で30分で3000円って安い。。。。日本ばんざーい!




3日目はちょっと落ち着いたものの仕事に埋もれ、お土産を小田急で買った後、ラウンジでカクテル1杯のみつつ、Mさんとおしゃべり。酔わないままに、部屋で仕事に戻り・・・



なんだか取り留めない日記ですが・・・続きはまた後ほど。。。。
[PR]
# by haustin | 2010-03-10 08:25 | Travel | Comments(14)

2ヶ月ぶりに日本に行きまーす。

突然ですが、来週末から1週間ほど、東京に出張になりました。
今年はラスベガス出張も増えそうな予感です。理由は・・・・・とある不愉快なプロジェクトのせい(爆)!
でも、こうなったら徹底的に楽しむことにしますv


急すぎて、2週間切っていたため、チケット代がこの時期で1600ドル!(もう少し早ければ1000ドルきるんですが。)  自腹じゃないからよかったけど・・・


年末は岡山と関西方面にいたので日本は2ヶ月ぶりですが、今回は1週間のお仕事なので東京のみ滞在です。1年ぶりの東京うれしいな♪


滞在中はほぼすべて飲み会を入れつつありますが(笑)、日程が限られているので、なかなか会いたい人みんなにも会えそうにないですが、、、いまから大好きな皆さんにお会いできるのがとても楽しみにしてまーす♪ 


アップグレードできたので、西新宿のヒルトンに宿泊。合間にはホテルのサウナとマッサージ活用して毒素をださないと・・・ 


そうそう、花粉症なんですが、もう飛んでますか?花粉? 服装もこっちは春なんですが、まだ冬ですよね?東京は・・・?
[PR]
# by haustin | 2010-02-19 03:06 | Travel | Comments(10)

Cantinetta Pieroへ

a0124555_13105696.jpgここは、CarmelのL'Auberge CarmelCantinetta Lucaの姉妹店。最近YountVilleにオープンしたばかりのHotel Lucaに併設されています。Carmelに行ったとき、L'Auberge Carmelに宿泊し、ここのレストランAubergineでテースティングメニューとワインペアリング満喫し、さらに翌日ランチで、Lucaにも行って、ピザが美味しかった!というすべていい思い出だったので、それなりに期待。



ちょっと早めの5時半に到着すると、すでに半分くらい埋まってる。店内は薄暗くてよい感じ。

a0124555_1317599.jpg


3件もテースティングすると、さすがにもうワインはほしくないねー、ということで、ボトルウオーターを注文。
ちなみに、まだ私は昼間のタコスがおなかにあって、あまりおなかすいてない。

というわけで、ピザは残念ながら抜きで・・・

前菜にサラミの盛り合わせ(イタリア産、自家製)、Burrataチーズ、本日のスープのミネストローネ。
わー、このチーズ、クリーミーで美味しい!スープも野菜の甘みがほんのり。幸せ~。

a0124555_13205359.jpg


サラミを食べているとさすがにワインがほしくなり、Zenato Cormiをグラスで。

さて、メインは、Bistecca FiorentinaというTボーンステーキを2人でシェア。黒トリュフも量り売りしてくれるということで、横で削ってくれるなら量がわかるんだが、よくわからないので3グラム注文。1グラム10ドル。スタッフのMarcoもさすがに、ちょっと怪訝そうであったが、去年の秋にしろトリュフを食べ損ねたのでやけくそである。旦那がトリュフ嫌いなので別添えにしてもらった。
ぎゃー。やっぱり、多すぎた(笑)!

a0124555_13281574.jpg


もって帰っても香が飛んでしまうので、やけくそでステーキにふりかけまくり食べる。こんなに贅沢したのは久々だな~。それにしてもこのお肉、ちょうどいい具合に火が通っていて、やわらかい。絶妙!こんな美味しいと思うお肉も久々。

a0124555_13283117.jpg


トリュフに隠れてお肉が見えない、とい状態で必死でトリュフを食べきりました。貧乏性で残せませんでした(笑)

隣のご夫婦は、チキンとビーフでしたが、どちらもやわらかく感動して、店員さんに作り方をきいていたら、どうもお肉を真空調理してるようです。ステーキも美味しかったです。素材の味が生かされてるなーと思いました。

お肉は結局半分くらい残すくらいのボリューム。ランチから4時間しかたってなかったしねぇ。

食後のカプチーノも満足。ワインを1杯しか飲まなくて、前菜とメイン、チップ混みで200ドルくらい。ワインはイタリアものがメインでした。もっとおなかすかせてワインも飲むともう少し行くかな。でも、この辺のお店の中では気軽に行けるお店ではないかと。今度はピザ食べたいなあ。Lucaのピザ、ナポリ系で美味しかったんだよねぇ。。。


というわけで、あっという間のNapa Trip終了。翌日は用事があったので、2時間かけて帰宅しました☆
運転ありがとうー、旦那!お疲れ様でした。


家に帰って、お母さんとしゃべっていたら、

「そういえば石田純一と東尾理子がNapaで結婚式するらしいよー」

だって(笑)。あれ、あの人、また独身だったんだー!?どうでもいいよー(笑)
[PR]
# by haustin | 2010-02-16 13:53 | Restaurant | Comments(2)

久々のNapa-MA(i)SONRY

さて、Schramsbergの後は、またも南下して、St.Helenaの大渋滞を超え、Yountvilleへ。
ここには、Lail Vineyardsがあるんですが(ここのBlue Printが美味しかったので。)、ここでテースティングしていない代わりに、MA(i)SONRYでテースティングしているとのことで、ここへ予約して行ってきました。

ここはアートも一緒に楽しめるところ。アートにまったく無頓着な私は、Lail Lailとうきうき。入館すると、まず、このMA(i)SONRYのViognierをサーブしてくれます。飲みながら館内を散策していると、お店の人が声をかけてくれ、外でも中でも好きなところに座ってください、というので、外は寒いので館内に。2階のライブラリーのような場所に二つソファーを見つけたので座り込む。

でも全部売り物なんだけどね(笑)

悩んだ結果、旦那は、Juslyn Vineyards Flight (この間VWMでテースティングして結構気に入った。2種類飲めます。20ドル)、私は個別に選択で2006 Lail J. Danielと2007 Blackbird Contrarianを。どっちもかなり開くのに時間がかかったけども、まわしにまわして、やっとこさ味わい深く。Lailはかなり癖がある。Blue Printとはぜんぜん違う。ペッパーの香がきつい。

a0124555_1248611.jpg


1客4500ドルのカウチでまったりワインを。

a0124555_12482027.jpg


この豚、鼻がもげてますが、これでも2000ドルです(苦笑)
ゲージツはわかりません。私はひたすら座ってまったりしてましたが、だんなは歩き回って鑑賞してました。


結局、ほかで見たことなかったBlackbirdのContrarianを購入。しばし寝かせて楽しみたいと思います♪

さてその後、夕食の前に急いで、Bouchon Bakeryに行ったが、これまた大行列!パン屋に30分も並んでられません、というかディナーの予約に間に合わないので断念。あーあ。5年前に来たときはがらがらで、朝、ラテとクロワッサン美味しかったなぁ、、、、残念。。。。
[PR]
# by haustin | 2010-02-16 12:59 | Wine | Comments(0)

久々のNapa - Schramsberg

Joseph Phelpsで意外と時間を使ってしまい、あわててランチに、Taylor's Refresherというバーガー屋へ。ここ、有名なので、すでに長蛇の列。長距離運転してくれてる旦那のためとはいえ、ああ、これじゃ、次のDuckhornいけないな。。。というわけでドタキャンの電話。あそこのメルローすきなんだけど。残念です。

a0124555_124533.jpg


並ぶこと20分。完了待つこと10分。

旦那はダブルチーズバーガー、とガーリックフライドポテト。私はシュリンプタコスをいただきました。
野菜沢山で、ガーリック風味のシュリンプも美味しい!

a0124555_1243556.jpg

St.Helenaの近辺の29は大混雑。そりゃバレンタインウイーク&3連休。ああ、甘く見すぎでした。ここから左折ができず、しばらく下って左折して、Silverado Trailを北上。
途中、菜の花畑たくさんで、車の中にいても、花の香が漂ってきます。2月にNapaに来るのは初めてで、感動。
a0124555_127785.jpg


Calistogaまでやっと到着。予約15分前に、Schramsbergへ。

ここのスパークリングは、Napaのその他のと違って、かなーり本格シャンパン志向で、その分1本あたりの単価も結構なお値段なのが印象的。テースティングツアーは1時間半、予約制で、35ドル、前もってチャージするという徹底振り。

ツアーは合計15人程度。Schramsbergの由来(ドイツ系移民のJ. Schramが1800年代にこの地にきてから始まる。初の洞窟セラーを作ったり、そもそもNapaはドイツ人によって開拓された、というのにへー、と驚き。そのころは数件しかワイナリーはなく、さらにそのころはゲベルツトラミネールやリースリングがメインだったんだって!ドイツー。)。その後いろいろなオーナーの手に渡り、1960年代にJack and Jamie Davis夫妻の手に渡り、彼らがスパークリングワイン作りに燃え、今は息子さんが後をついで、今に至るようだ。

庭もさることながら、洞窟ツアーもとっても不気味でよかった(笑)。コケ蒸していて(ホコリみたいなんだけど)、それが洞窟内に酸素を満たす役割になっているそうだ。さらに洞窟の石は湿気を追い出す役割を果たしていて、まったくケミカルを使わずに洞窟内は自然にワインに最適な環境になっているんだそう。200万本が眠っています。

a0124555_12192195.jpg
a0124555_12193067.jpg


ここでは、Napaのスパークリングメーカーの中で唯一、未だに人の手でスパークリングのおりを移動させています。毎日少しずつ30日間回していくの。量産の一番安いBlanc de Noir以外。こだわりですな。

そのまま洞窟の中でテースティング。泡4種類と、J.Davis(ボルドーブレンド)。

●Blanc de Noir
●Brut Rose
●2002 J.Shuram -> シャンパンのような決め細やかな泡。そしてクリーミーでトースティー。ほぼ高級シャンパン並みの美味しさです。100ドルだけある!
●2002 Reserve→ 同上。でももう少し泡が少ない。
●2006 J.Davis → スパークリングメーカーなのでピノかとおもったら、ボルドーブレンドです。タンニンがきつくなく滑らか。ここでしか買えないので、これを買いました。もう少し寝かせてのみたいな~


さて、ここでも意外と長居。あら、次のところにまた遅れるよー、とあわてて南下したのでありました。
[PR]
# by haustin | 2010-02-16 12:33 | Wine | Comments(4)


カリフォルニアサンノゼ在住。ガーデニングと採れた野菜を使ったシンプル料理・ペアリングが趣味。ホームステイ受入れ中。提携ホストファミリーも募集中。お問い合わせはhomestay@fitawi.comまで。


by haustin

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
Cooking
Breakfast・Dessert
Pizza
Homestay
Home and Gardening
Travel
Champagne
Wine
Beer
Other drinks
Restaurant
ミシュランレストラン
Hiking
Health
Book and Studies
Misc
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

最新のコメント

>huijiaさん ..
by haustin at 14:00
> Akiさん こ..
by haustin at 01:48
こんばんは。 カリ..
by artfarmandgarden at 19:13
>Aquaさん そ..
by haustin at 13:25
わあ~~~!ナンですかこ..
by Aqua_blueY at 13:21

検索

フォロー中のブログ

vivid memories
butakoの2年間の休...
コック家の生活 in フ...
shina_poohな日...
フィレンツェ田舎生活便り2
世界たべあるき日記
知りたがりやの食べたがりや
北イタリア自然派生活
ブルターニュから美味しい...
Lush Life
Piccoli Pass...
セロリ日記
イタリアで過ごす日々
イタリア~ノ ご家庭レシピ
日本、フィレンツェ生活日記
パルマの食と生活
LaLaLa La Me...
シチリア食通信 、時々イタリア
シチリア時間BLOG 2
ボローニャとシチリアのあいだで
地中海の島がえり
UNDERCURRENT
wine, food a...
アート農場と庭

ブックマーク

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
料理・レシピ

画像一覧