Hotel Sacher といえば

オーストリアを拠点にヨーロッパ全土をまたにかける大活躍中のKさんから、ザッハトルテが届きました!
Miniの納車にあわせて、なんて、素敵な計らいありがとうございます。

Kさんには4年前の大学院時代からお世話になり、最近ノルディックポールウオーキングのインターナショナルコーチにもなられたのでしたっけ(?)。八面六臂の活躍に、頭が上がりません。何事も極める、すばらしい能力と行動力をお持ちの方です。

実は旦那は嫌がってますが(ヴァーモント出身でスキーは得意の癖に)、Kさんを通して知ったノルディックウオーキングをぼちぼち開始して、上半身を鍛えたいな、と思ってるところです。アメリカって自然だけはたくさんあるし、タダだしっ!ポールさえかえばいつでも準備完了。


さて、ザッハトルテといえば、もちろん本家本元の、Hotel Sacherのものです!ザッハトルテ、と日本ではいいますが、つづりは、Sacher torteなんですねぇ?

以下、Wikiより裏話。
↓↓
ウィーンのホテル・ザッハーの菓子職人フランツ・ザッハー(en:Franz Sacher)が、メッテルニヒの命を受けて1832年に創出した(1814~1815年のウィーン会議で創出された、とする説もある)。以来ザッハーのスペシャリテとして好評を博す。門外不出とされたが、ホテル・ザッハーが財政難に陥った際に援助を行ったウィーンの王室ご用達のケーキ店・デメル(en:Demel)の娘が嫁いだ際[1]、レシピが流出し、ザッハトルテの名を冠して発売したことから商標等をめぐる裁判になった。7年に及ぶ裁判の結果、デメルのものもデメルのザッハトルテ(Demel's Sachertorte)として売ることが認められた。ホテル・ザッハーのオリジナルザッハトルテ(Original Sacher-Torte)はアンズのジャムを内部にも挟むのに対し、デメルのザッハトルテは表面にのみ塗る、という違いがある。
↑↑

なるほど~。ザッハトルテをめぐる政略結婚。。。。


綺麗に木箱に納まってるため、届いたときも少しかけただけでしっかり原型とどめてました。
アメリカに食品送るのはいろいろ規制があり、私の親などはいつも、本とか服と書いてごまかして食品を送ってくるのですが、きちんと原材料を記載された上で到着。すばらしい。。。。

a0124555_12235693.jpg


早速会社の帰りのスーパーに寄って、オーガニックのホイップクリームとMoet Chandonのホワイトラベルを入手。Brutだとあわないかなーとおもって・・・


うきうき、家にかえって急いでホイップクリーム(ラムと少量のCane sugerを混ぜた)をあわ立て、こんな感じ。

a0124555_12252419.jpg


だんなが野暮用で遅くなるというので、写真撮ったらすぐに晩御飯の前に食べちゃった・・・・思ったより生地は甘くなく(チョコは結構甘い)、甘さ控えめにしたホイップとよくあう。Moetともよく合うわ。


もりもり食べていたところへ旦那帰宅。甘いもの大王の彼も大変喜んでありがたくいただいておりました。

残りは会社に持っていって、お世話になってる同僚と食べよう。



Kさま、本当にありがとうございました。おってSkypeします。
次は申告なしで(爆)、現地の激安激うまのフォアグラとキャビアを直送待ってます(笑)♪
[PR]
# by haustin | 2009-07-10 01:41 | Champagne | Comments(5)

Blueprint

この週末は、独立記念日で、のほほーんと楽しんでおりました。

3日は、独立記念日かねてお休み。だんなの会社は営業中。
旦那は休暇を取ったのに、結局朝の6時から働いてた。おつかれさま。
私はウオーキングクラスの後、皆さんと一緒にクパティーノのマルカイ近くのタイ料理ランチへ。
そのときに、スタンフォードで心理音楽のPhDコースでがんばってる若きホープHさんから、iphone のアプリで「おかまレーダー」というものが存在することを知る。そこへ、なんで「シングルレーダー」がほしいー、とはシングルの美女。確かに、そんなものがあったら、便利だな。でも便利すぎてなんか無味乾燥か?


その後、旦那を引きずり出してのんびりとサンタナローでお買い物。独立記念日セールがあらゆるところでされていて、楽しみました。食品買出しもセールだらけでよかった。BBQがらみのものがメインですが。

BBQリブととうもろこしをいただきつつ、Cyrus 2004を。

ボルドーブレンドで、Cabernet Sauvignon (68%). Merlot (15%), Cabernet Franc (15%), Malbec (2%)です。程よくフルーティーだけど、しっかりしたボディーもあり。
おいしゅうございました。



本番の4日は、スタートレックを友人夫婦がチケット買ってくれて見に行った。実はスタートレック、今まで見たことなかったので、話についていけるか心配だったけど、初めてでも十分ついていける内容。Heroesのサイラーがスポック役でロボット的な性格は結構はまってました。あえて言うなら眉毛が違うくらい?(笑)
その後、友人宅でBBQ。さらにその後ぎりぎりでSanta Claraの花火大会のフィナーレを鑑賞。今年も少しでも見れてよかった。

この日はワインではなく、Eさんの旦那さんが作ってくれた、”高級”トニックウオーター(笑)で作ったジントニックを2杯いただきました。美味しかったー。やっぱりよいトニックウオーターは違うね。


名残惜しい5日は、PMクラスの3章の読書アサインメントを終わらせた。結構好調。
1章の提出課題も10点中10点だったし。

Lail VineyardのBlueprint 2006を片手に買ったばかりのアメリカンなばかばかしいWiiゲームを楽しむ。
ほんとにばかばかしい。でもバランスボードも使えるし、シューティング、レース、ダンスなどいろいろゲームがあるので、飽きなくてよさそうだ・・・ インターネットとつないでるので、世界のスコアと比べられるのだが、得意なゲームについては、”世界”5位とかになると俄然やる気が(爆)



毎年7月4日前後はいろいろと家庭の設計を見直す日と私が決めて、嫌がる旦那に無理やり納得させていたので、もちろん今年もいろいろと。Blueprint(青写真)なんて名前がちょうどいいワインをあける。

ちょうど、House hunters internationalの録画で、ローマ、Belize、東京の分を見た。これ、値ごろ感がわかってためになる。あらためて、東京都心の物件をみたけど、ちっさいね!!昔だったらそれでも普通だったのに、アメリカに来たせいで、ちっさー、、、、でも高い~、という心境。(600Sf以下で古い物件で600Kドルとか!そりゃ世界で一番高い都市になるわ。) Belizeは、メキシコとベネズエラの間くらいだけど、キャピタゲインタックスがないらしい。ほー。

a0124555_1230835.jpg


さて肝心のBlueprint 2006. Cab 85%, Merlot 15%。
ダークチェリー、ココアの風味。タンニンも強すぎず、ミディアムボディ。CabだけだとつらいけどMerlotが混ざってると飲みやすくてよいわ。
酒石がコルクとボトルの底にたくさんありました。あと数年後に飲むともっと美味しかったかな~。


美味しいワインと独立記念日ウイークエンド。描いた我が家の青写真に向けて、今年も後半分がんばろう。
[PR]
# by haustin | 2009-07-07 01:40 | Wine | Comments(4)

Rubicon Cask Cabernet 2005

一度飲むと続けて飲みたくなるのが、赤ワイン。飲まなきゃ飲まないで平気なんですが。。。

さて、風邪薬は今日もお休み。

今日は、Rubicon Cask Cabernet 2005をぐびぐびと。

昨日、CaliforniaのCabは嫌いだとかいといて、なんですが、ここのは一度飲んで美味しかったので、Bevmoに行ったときに発見してまた買ってしまった。

a0124555_2222750.jpg

「ルビコン・エステートは、1880年に設立されたナパヴァレーで最も古いワイナリー「イングルヌック」の畑の一部を、コッポラ氏が1975年に購入したことから始まりました。フラッグシップのワインはワイナリー名ともなっている『ルビコン』。英語で「背水の陣」を表す「THE CROSSING OF THE RUBICON」(ルビコン川を渡る)」にちなんで名づけられ、クラシックボルドーを目指したスタイルです。ルビコン・エステートは有機農法を取り入れ、畑を小ロットごとに管理、また醸造方法には伝統的な技法を用いるなど徹底したワイン造りによって、カリフォルニアのプレミアムワイナリーの地位を築きました。」


「熟成樽にアメリカン・オークを使用し、28ヶ月、ゆっくりゆっくりと眠らせます。 Rubicon Rutherford Napa Valleyがボルドー・スタイルとしたのに対し、カリフォルニアのカベルネらしさを追求したのがこのカスク・カベルネ。 これはセカンドではなく、全く別のコンセプトを持ったまた一つのスペシャル・キュヴェです。」

以上、エノテカのページより。


風邪だからかなー。それともあの時は冬だったからか・・・
今回は、重々しすぎる。肉とチーズも一緒にあわせず、ワインだけ純粋に飲み続けるには、やっぱりCabはきつい。旦那と二人でボトル半分飲むのはきつい。1杯でいいな~。

ふむ。今度は、Roubicon Rutherford Napa Valley を試してみよう!

今回も有機農法のおかげか、アレルギーはでませんでした。まあ、もともとカリフォルニアワインは大丈夫なものが多いのだけど。
[PR]
# by haustin | 2009-06-28 02:32 | Wine | Comments(2)

Shafer 2005 Relentless

はい。風邪の最中です。でも、もう5日もワイン飲んでないんです・・・
今日は風邪薬のまずに、ワイン飲むことにしました(爆)

a0124555_1112068.jpg

だんなが予定より1時間遅く帰ってくるとしらずあけてしまった。先に味見(笑)

最近、Cabが重過ぎると感じており、赤ワインで同じ値段だすなら、Pinot Noir, Merlot, Syrah, Zin, もしくはブレンド、になってきた。


ここShaferのキャブは、1988年にドイツで開催された国際的なブラインド・テイスティングで一位になって脚光を浴びましたねー。2002のHillside Selectはロバートパーカー100点を出したし。

調べたところによると、ここは「ブドウにとって害となるリスやネズミなどの外敵に対して、これらの駆除に毒を使わず、 鷹やフクロウを飼うことで防御しているということ!」
原因不明のケミカルアレルギーのある私にはもってこいじゃないですか。(笑)← 単に飲むための理由。

そんな気になるShafer飲んでみたいなーとおもっていたところで、WoodsideのRobertsで見つけた、Relentlessだったのでした。


78% Syrah, 22% Petite Sirah (シラーって国によってつづりが違ったりする)

色はきれいな赤紫。
フルーティーな割りに、程よくどっしり、少しペッパーリー。赤肉合いそう。でもお肉なしでも、するすると飲める一品。


旦那に風邪がうつったようで、旦那は風邪薬を飲むので、私がその分しっかり飲めた(笑)
アレルギーもでませんでした。(デトックス後まだでてない。)

ご馳走様でした。
[PR]
# by haustin | 2009-06-27 01:24 | Wine | Comments(6)

夏休みは・・・

夏休みは大体2週間くらいとる予定だったのだけれども、今年は旦那が8月ごろに口蓋手術を行うので、それですでに2週間傷病休暇をとる必要があるため、近場で飛行機に乗らずに3,4日海を眺めてぼーっとできるところに行くことにする。


ちなみにアメリカで旅行のときに便利なサイトは、こんなところ。

チケット、車、ホテル予約必要なときは、旅行系ポータルと提携している

Kayak

Cheap tickets

(でもどっちのサイトも、飛行機の座席指定がうまく実際には反映されていないとチェックインのときに気づくので、実際はこれで安いところを見つけたら直接飛行機会社のサイトから予約してるけど・・・アメリカらしい。ホテルでトラぶったことはなし。)

Relais&Chateauxのホテルやレストランを探すとき

Relais&Chateaux


そして今回は、南カリフォルニアまで車で下って、海沿いのリゾートホテルに3泊4日することにしたのですが、そのホテルを予約したのはこのサイト

LuxuryLink

オークション方式と、Buy nowオプションとあります。


私は今回、定価2200ドルのパッケージ(朝食、ディナー、クレジット300ドル込み)を899ドルで落札し、さらにPromotion code(日本で言えば値引きクーポンのようなもの?アメリカでは決済のときに入れる欄があり、ググれば大体見つかる。)で110ドル引きの、789ドルですみました。
手数料は30ドルかかりますけど。

競り落とした後は、ここのサイト経由で予約をいれ、変更があればホテルと直接やればよいです。

私が落としたホテルは、今日からオープンするようなホテルで、どうもLuxuryLinkをプロモーションとして使っていたようです。同じパッケージを何度もオークションにかけていますので、私が行ったときには回りに同じパッケージで宿泊してる人がたくさんいそう(笑)


日本はまだ提携してないようですね。


a0124555_643121.jpg



1週間でもとれたら、カリビアンのAll inclusive(食事、飲み物込み)のホテルにとまってぼーっとしたかったなぁ。。。サンノゼからAntiguaは遠いんだけど・・・

たとえば、Hermitage bayとか。。。
でもまあ、ハリケーンの時期なので、カリビアンは冬かな~

2週間なら絶対ヨーロッパだなぁ~。来年来年・・・・
[PR]
# by haustin | 2009-06-18 06:13 | Travel | Comments(4)


カリフォルニアサンノゼ在住。ガーデニングと採れた野菜を使ったシンプル料理・ペアリングが趣味。ホームステイ受入れ中。提携ホストファミリーも募集中。お問い合わせはhomestay@fitawi.comまで。


by haustin

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
Cooking
Breakfast・Dessert
Pizza
Homestay
Home and Gardening
Travel
Champagne
Wine
Beer
Other drinks
Restaurant
ミシュランレストラン
Hiking
Health
Book and Studies
Misc
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

最新のコメント

>huijiaさん ..
by haustin at 14:00
> Akiさん こ..
by haustin at 01:48
こんばんは。 カリ..
by artfarmandgarden at 19:13
>Aquaさん そ..
by haustin at 13:25
わあ~~~!ナンですかこ..
by Aqua_blueY at 13:21

検索

フォロー中のブログ

vivid memories
butakoの2年間の休...
コック家の生活 in フ...
shina_poohな日...
フィレンツェ田舎生活便り2
世界たべあるき日記
知りたがりやの食べたがりや
北イタリア自然派生活
ブルターニュから美味しい...
Lush Life
Piccoli Pass...
セロリ日記
イタリアで過ごす日々
イタリア~ノ ご家庭レシピ
日本、フィレンツェ生活日記
パルマの食と生活
LaLaLa La Me...
シチリア食通信 、時々イタリア
シチリア時間BLOG 2
ボローニャとシチリアのあいだで
地中海の島がえり
UNDERCURRENT
wine, food a...
アート農場と庭

ブックマーク

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
料理・レシピ

画像一覧