倉敷 - B級グルメ編

さて、楽しかった関西滞在も終わり、寂しいお別れ。でも、また遊びに来ます~!

で、バスで三宮から倉敷まで直行便で移動。これ、ほんとに楽です。座りっぱなしで、荷物の心配もないし。
倉敷駅に母親が迎えに来てくれて、ランチへ。倉敷といえば、ぶっかけうどん。(香川が近いからでしょうか。岡山はそばよりうどんのほうが美味しいです。)

久々のぶっかけうどんは味がなんだか濃く感じたが(アメリカで薄口料理を心がけていたので)、うどんに腰があって、美味しい。幸せ~。あっさりしたものが食べたかったんです(笑)

法事、その次は旅行、会食、誕生日ディナーと最後まで贅沢だったけど、合間合間のランチで、うどんやラーメンを食べにいけた。アメリカ美味しくないもん~。日本にいたときにはまったく食べに行っていなかったのに、アメリカに着てからありがたみがよくわかりました(苦笑)。

新倉敷駅近くのにぼし屋
a0124555_505151.jpg
11時半に行ったけど、大混雑で10分ほど待ち。濃いけどあっさりしているというスープが楽しみであった。
私は煮卵ラーメンを。おおー、煮卵美味しい!角煮の味がしみてる。麺は細めで、スープも、まったりしてるけどあっさり。なんとも不思議で結構飲めた。旦那は完食!(でも夜もおなかがすかなかった。よってかなり脂があったんだと思う・・・・)

お次は隣の町の、矢掛町のセルフサービスのうどん屋!吉備真備公園内にある「館址亭(かんしてい)」。
a0124555_5101285.jpg日本に初めて小麦粉を持ち帰ったとされる吉備真備(きびのまきび)にちなみ、地元のお母さんたちが作る人気の手打ちうどん店。うちの近所、古墳も多くて、吉備真備ゆかりの地域なんです。(=田舎)
おけにはいったもの(湯だめ)、ぶっかけ、ざるなどあり、トッピングを選べます。サイズも大中小とありますが、私は小で十分でした。(小で普通のサイズ) こんな辺鄙なところにあるのに、混雑。これは美味しいに違いない。。。

というわけで、ぶっかけ小に、温泉卵をトッピング。
a0124555_5121130.jpg



こっちのほうが、くらしきのふるいちのよりも、味が薄く、うどんも腰があって、文句なく美味しい。値段も500円以下だし(爆)。あーー、美味しかった~。お母さん方、ご馳走様でした!実家に帰ったら通おう。
[PR]
# by haustin | 2010-01-01 05:28 | Restaurant | Comments(2)

大阪 - 中ノ島イルミネーションと忘年会

Hajimeを3時ごろに出て、6時からの忘年会まで3時間しかない。。。。おなかいっぱい・・・

ということで、歩くことにする。
a0124555_3362253.jpga0124555_3363882.jpg









梅田に戻って、ヒルトンとハービスの間の新しいビル(名前忘れた)をうろうろと。
ナラカミーチェ発見。アメリカにないんだよねぇ。。と見てみたけど、ほしいものなし。ソニーショップに立ち寄ったりぶらぶらと。


その後西梅田の地下街を通って、中ノ島へ。17時からの中ノ島イルミネーションを見るためでした。
a0124555_454094.jpg

a0124555_463100.jpg

a0124555_462330.jpg

a0124555_464382.jpg


1時間弱ほど中ノ島を横断。有料のショーもあったようですし、こてこてのイルミネーションをつけたボートにのって観光してる人もいました。色使いが、ルミナリエや花灯路とはちがうなーとしみじみ。

さてまた地下鉄に乗って、長堀橋のひび喜へ。O-yaさんのお勧めということもあって、お寿司楽しみにしてたのですが、おなか、まったくすいてませんでした。。。不覚。。。

P社のみなさん(Pちゃんも飛び入り参加)と久々に会えて、楽しかったー!といってもP社に残ってるのは旦那いれて2人だけですが・・・みなさんそれぞれの道を歩んでらっしゃって、刺激になりました。(ご依頼どおり目隠ししました(笑))
a0124555_4125328.jpg



結局飲むばっかりで、食べたのは寿司盛り合わせ、ホタテバター焼き、海鮮サラダ、、、程度?味は、おなかがいっぱいだったので正しくジャッジできませんが、おつまみは普通かなーと。お寿司に関しては、変わったメニューがホワイトボードにあったので食べてみたかったですが、忘年会だったので、盛り合わせにしたので、変わったものはなく、しかもおなかいっぱいでつまんだのは、蟹と鯛と貝。鯛は身がしまってて美味しい。貝は、いつも行くアメリカのすし屋のほうが美味しかったかなあと。だんなは一切食べることなく(突き出しも)、びーるばっかりのんでました。私は、ビールと生レモンサワーばかり。美味しい・・・

帰りに大将に、「O-yaさんのお知り合いはもくもくとカウンターで食べまくるので、もっと食べるのかと思ってました」と言われました。。。すいません。今度はおなかすかせて、まじめに寿司メニュー制覇しますので。。。
[PR]
# by haustin | 2010-01-01 04:20 | Travel | Comments(2)

大阪 - 今年一番。ミシュラン三ツ星 Hajime 編

神戸、京都、と観光した後は、待ちに待った大阪。四ツ橋のHajimeでランチ♪
阪急でいくと、四つ橋線遠い。しかも工事中で意外と大阪駅で手間取ってしまった。不覚。。。

駅から徒歩すぐのHajime.見た目が地味なので見逃さないように。

入ってすぐ、レセプションのお姉さんに迎えられる。ドレスコードがあったのでおしゃれ目のワンピースと旦那もネクタイしていったけど、ほかのお客さんは適当だったなあ(ジーンズやスニーカーはさすがにいなかったけどさ)。でも、さすがに最初から最後まで感じのいいサービスでした。(とはいえ、日本なのでレセプションのお姉さんからソムリエのお兄さんまで入れ替わり立ち代りに給仕してくれるのでちょっと戸惑うのですが。(担当がいない))

ここは、お水のリストもしっかりしていた。10種類くらいはあったかな(うちはいつもボトルドウオーターを頼むのでリストがあるとうれしい)。ほどなく、今日のメニューとシェフの思いが描いてある紙がわたされる。
(英語版も旦那のために作ってくれたんだけど、さわらをSAWARAと書いてあったり、Infection of Oliveとか意味不明であって旦那が困っていた(爆)何気にフレンチも混ざってるし、これでよくミシュランのひと理解できたなー!?と笑えた。日本語のは相当充実ですが。))


いっしょにワインリストももらう。電話帳並みに厚いが、1ページにあまり文字数もないし、分厚いだけ。あまり臆することもなく。フレンチワインがメインで、値段も1本50万のとかありますが1万円前後で足りるものがメイン。うちは、ソムリエとしゃべって、ミネラル感十分で泡がきつくないAgrapart et Fils Terroirs Brut Blanc de Blancのボトルにした。ここの食事(比較的軽めで素材感満点)にあってそうなので。

正面にお花が飾ってあり、右側に飲み物準備エリア。シャンパンなどはそこで冷やされてます。
a0124555_13222454.jpg


最初は、Debut - ひらめを一週間熟成させたカルパッチョとトマトが軽い生地のシガレットに巻かれたもの。一口サイズのアミューズ。

その次に、Oeuf - 卵の殻の中に、こだわり石本農場の卵とフランス産桃のコンフィ、エピスクリーム、アーモンドロースト、シェリービネガー。複雑な味わいで美味しい。

上記2点は小さすぎて写真とらず。食べログなど見てみてください。(手抜きですいません)

ここで、パンとバター。
バターは2種(有塩エシュレ、無塩北海道NB)、ゲランドの塩、スペインのエクストラバージンオイル。旦那は北海道がお気に入りらしい。私はオリーブオイル。
パンは、お店で焼いてるらしいですが、自家製ではなく、吹田の「ル.シュクレ.クール」のハジメ仕様のパンらしい。皮が厚く、中はもっちり。これは美味しかったなぁ、、、、今回の旅行で一番好きなパンだった。
a0124555_1332962.jpg


さらにアミューズ。Crevette - 天使のえびを強火でさっとあぶったもの。甘くておいしい!フランスのクスクスサラダ(りんごとセロリが入ってしゃきしゃきしていた)が添えてあり、サフランの色と香。
a0124555_13341080.jpg


ここまでは旦那、なんとか完食。よくがんばった!さてこの次が、例の難関のシグネチャーサラダなのでありました。

前菜のMineral - 貝のエキスを泡立てたものが添えてあります。66種の食材。まさに芸術!さすがにこれは旦那の好き嫌いじゃ覆されないわ。理解できました。美しくて美味しい一品。
a0124555_13383683.jpg

でも、だんなはかなりUnhappy.一口食べては水を飲み、なんとか半分食べたところでギブアップ。私が引き取りました(爆)。よくがんばった。でもそのおかげでかなりおなかいっぱい。。。。
a0124555_13432253.jpg


その次はフォアグラかと思っていたのに、魚料理。
さわらの脂肪の融解温度利用してるのだとか。皮の脂を活かしながら、身にもしっとり火が入るように強火と弱火を使い分け焼いてる模様。確かにしっとりパリッと美味しかった。野菜も、しゃきっとしてるけど火が通ってるの。味わい深い。
a0124555_13454163.jpg


次に肉料理。
完全無農薬天草梅肉豚のロース。ぎりぎりの塩の量で、細胞一つ一つがほどけるようにぎりぎりの温度で2時間ほどかけて低温ナノ単位の火通しをしてるそう。周りにはりんごの軽いコンフィ、アーモンド風味のりんごの種、ヘーゼルナッツとサツマイモのピューレ。
肉なんてもう入らない、おなかいっぱい~、と思っていた私の想像を超えるこのとろける豚肉。風味があるの。豚って怖いから火を通しすぎがちなのでこんなにしっとりしたのは初めて!目からうろこ。美味しい。。。ということで食べれてしまった。
a0124555_1349445.jpg


豚のあたりから、グラスワインを注文。シャンパンなくなったので。
白はソムリエお勧めのアルザスのPinot Blancを。その後気になったボルドーの2002年の赤を食後酒代わりに。

あー、おなかいっぱい。このあたりで周りの人をみて気づいたのですが、フォアグラとラム肉のレギュラーメニューが私たちのためだけに魚と豚肉に変えられていたのでありました。=もらったメニューも特別。ああ、私も分は普通にしてもらってもよかったんだけど、、、でも美味しかったからいいか。。。

一服したところで、結婚記念日と伝えていたので、サプライズの飴細工が。パティシエ作だそうです。(普通の場合はチョコ、アイスのデザートのよう) 一緒にポラロイドで写真をとってくれて、シェフからの手書きメッセージもいただきました。あと、バラの花、一輪も。(このサプライズは時期で変わるようなのでダブらないかと思います。)
a0124555_13592190.jpg


だんなと一緒に必死でこの飴細工を食べる。が、食べにくい。でも残すと悪い、と思ってがんばって完食したころに、更なるデザートが~。(後ろのカップルも記念日だったらしく同じものがあったが、帰りにみたら、残してた。なんだ、がんばって飴細工食べなくてもよかったのか(苦笑))

Olive - オリーブを使った、ソルベの上に、乾燥オリーブと、ソース添え。バナナもひそかに混ざってます。旦那知らずに、食べた。ひっひっひ。

Poire - 洋ナシを暖め、黒糖の生地の中にしまってあり、キルシュのアイスとクランブル添え。
a0124555_1424464.jpg


ほんとに、もう、おなかいっぱいだー!と思ったところで、コーヒーと最後のプチフール。食べられませんでした。。。
a0124555_143458.jpg


ほんとに満足しました。ここですでに3時間経過。あっというまでしたけど、、、12時から3時まで食べ続けていたことになる。うっぷ。


女性だけ、帰りにマカロンのお土産をいただき、帰りにはシェフもご挨拶に来てくださり、お見送りしてくださいました。これだけ充実のランチメニュー+シャンパンボトル1本+グラスワイン2杯+水 2本で、3万3千円ほど。なんとコストパフォーマンスのよいことか!感動。。。。。(ランチの量で十分。ディナーの量は食べられないと思う、私、、、)。これで予約が楽ならいいんだが。。。。また関西にいけることがあったら、ぜったい予約して行きます!美味しかった!こんな繊細なフレンチ、アメリカじゃ、ぜったい無理!
あと、旦那もがんばれば野菜食べれることがわかった。よって、たまには無理させてテースティングメニューしかないフレンチに連れ出そうと思う。がんばってねー。(ひとごと)
[PR]
# by haustin | 2009-12-30 14:15 | ミシュランレストラン | Comments(15)

京都 - 嵐山 花灯路

伏見桃山から、京阪で四条まででて、ちょっぴりぶらぶらとして、阪急で嵐山へ、花灯路を見に行く。5時から点灯だったので、それまでに着いておきたい、ということで。

そういえば、阪急は阪神を買収してたのね。知らなかったー。関係ないけど。。。

嵐山に到着。4時半ごろだけど、すでに薄暗く。
a0124555_11182745.jpg


目指すは大河内山荘あたりの竹林ライトアップ!というわけで、わき目も振らず一直線で向かう。
すでにライトアップ開始をめがけたカメラ小僧(もといオヤジ)が三脚をたてて、竹林入り口に陣取っている。邪魔である~。ライトアップがまだの竹林を潜り抜け、大河内山荘にたどり着いたら、やっぱり入り口と同じくカメラオヤジが三脚立てて陣取っている。寒いのに、すごいなー。いつからまってんだろう。

程なく、5時になり、点灯!いっせいにみんなカメラを取り始める。が、竹林を通行止めにしてないから、人が歩いてるわけで、カメラオヤジたちかなりがっかり。それより何より、その後ろでカメラをもつ一般人はカメラオヤジが動かないのでまったく写真がとれない。しょうがないので、その混雑した付近をあきらめ、中間地点あたりで撮影開始。

a0124555_11225926.jpg
a0124555_1125487.jpg


















a0124555_11264777.jpg

a0124555_12362251.jpga0124555_12364655.jpg











目当てが竹林だったので、神社、寺はまったくよらず、嵐山散策は終わりました。さぶかったし~。7時ごろになったら湯豆腐でも、、、と思っていたのに、まったくおなかは減らず。というわけで、駅に向かう。
渡月橋のライトアップをみて、歩いていると、舞妓さんと無料で写真撮影、というのがあり、並んでみた。
a0124555_12401318.jpg

でもなんだか影が入ってしまった。。。
a0124555_12405631.jpg


駅の手前の小さな橋で。ちょっと暗いですが、幻想的で綺麗でした。
a0124555_12415858.jpg


嵐山から桂まででたところで阪急の特急が満席だったので、そこから四条に行き、始発で座って、梅田、夙川、甲陽園へと。この辺は在住時に学んだ技。始発の駅から乗るのがポイントです(笑)
甲陽園のイカリスーパーでミニ鮭寿司と刺身を買い、旦那はチキンナゲット。おなかすかなかったなぁ。。。友人宅でおしゃべりしながらワインと軽い食事でディナーは終わったのでした。
[PR]
# by haustin | 2009-12-30 12:51 | Travel | Comments(0)

京都 - 魚三楼と伏見桃山編

翌日は、友人宅から阪急、京阪を乗り継いで伏見桃山へ。学生、社会人時代と、神戸に3年、大阪に4年ほどいた間に、京都の有名どころはかなりいったけど、伏見桃山ははじめての場所。ちょっと緊張(笑)

お目当ての、ミシュラン二つ星料亭 魚三楼に行くためでした。ここが唯一、アクセス可能、私の食べたい懐石以外に鍋もやってくれる、ミシュラン2つ星のところなのでありました。神戸のときもそうだけど、選択の際の基準が、旦那がいると違います。。。

伏見桃山から徒歩で3分ほどのところにありました。
a0124555_3191343.jpg


入ると番頭さんらしき人が迎えてくれ、奥から女将さん登場。
靴を脱いで座敷をしばらく進んだところにある、個室に通されました。

掘りごたつ形式になっており、足元は床暖房。あったかーい。中庭が見渡せて落ち着きます。これなら外人でも足が疲れなくていいです。
a0124555_3212478.jpg


ほどなくして仲居さん登場。お絞りと緑茶をいただいて待つことしばし。予約しておいた料理登場。
a0124555_3223773.jpg
a0124555_323967.jpg


私は花籠御膳の5000円。(あと3000円のもあるらしい)
旦那はしゃぶしゃぶ 7000円。(野菜抜き。肉のグレードで値段が変わるらしい。)
しゃぶしゃぶの前に、かもと刺身の前菜が出てきました。しゃぶしゃぶは、仲居さんがずーっといるとしゃべりにくいため、勝手に私たちでやらせてもらうことにしました。

この花籠御膳、かなりボリューム。食べ切れませんでした・・味付けも結構しっかりしてました。刺身は新鮮、酢の物もすっぱすぎず美味しかったけど、揚げ物がさめてしまってしんなりしてたのが残念。しょうがないか?(これなら、うちの近所のホシでたべるてんぷらのほうがよっぽどさっくさっくで美味しいとおもってしまった(爆))
さらにこの後、炊き込みご飯と鯛のお吸い物、漬物、デザートが出てきました。これは上品な味わいで満足。酒の街だけあって、酒かすにつけた漬物美味しいわ~。ああ、おなかいっぱーーーい!旦那はかなりお肉が美味しいと黙々とたべていました。a0124555_331244.jpga0124555_3312489.jpg













会計を済ませ、腹ごなしに伏見桃山の街を散歩。日本酒で有名なところらしく、月桂冠、黄桜といった会社の記念館があります。町並みも風情があって、散歩するにはぴったり。
a0124555_3525995.jpg
a0124555_3532853.jpg
a0124555_3534962.jpg


〆は、坂本竜馬が暗殺された旅館、寺田屋へ。
a0124555_3545968.jpg
a0124555_3553230.jpg














帰りは来た道ではなく、商店街を通って、老舗のお茶屋さんでほうじ茶とそば茶を買い込みました。カフェインはできるだけ抜いてるので、、、京都はアメリカみたいに格子状になってるので、道に迷いにくくてよいですね~

結構あるいたわりに、昼ごはんが重くて、まったくおなかがすかないまま、4時ごろには嵐山に花灯路をみるために向かいました。
[PR]
# by haustin | 2009-12-30 04:12 | ミシュランレストラン | Comments(4)


カリフォルニアサンノゼ在住。食をテーマにした旅行と、庭で採れた野菜を使ったシンプル料理が趣味。ホームステイ受入れ中。お問い合わせはhomestay@fitawi.comまで。


by haustin

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
Cooking
Breakfast・Dessert
Pizza
Homestay
Home and Gardening
Travel
Champagne
Wine
Beer
Other drinks
Restaurant
ミシュランレストラン
Hiking
Health
Book and Studies
Misc
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

最新のコメント

>Akiさん お久..
by haustin at 03:16
お久しぶりです。 アプ..
by artfarmandgarden at 20:42
>huijiaさん ..
by haustin at 14:00
> Akiさん こ..
by haustin at 01:48
こんばんは。 カリ..
by artfarmandgarden at 19:13

検索

フォロー中のブログ

vivid memories
butakoの2年間の休...
コック家の生活 in フ...
shina_poohな日...
フィレンツェ田舎生活便り2
世界たべあるき日記
知りたがりやの食べたがりや
北イタリア自然派生活
ブルターニュから美味しい...
Lush Life
Piccoli Pass...
セロリ日記
イタリアで過ごす日々
イタリア~ノ ご家庭レシピ
日本、フィレンツェ生活日記
パルマの食と生活
LaLaLa La Me...
シチリア食通信 、時々イタリア
シチリア時間BLOG 2
ボローニャとシチリアのあいだで
地中海の島がえり
UNDERCURRENT
wine, food a...
アート農場と庭

ブックマーク

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
料理・レシピ

画像一覧