クリスマスはアリゾナへ その2

さて、せっかくきたんだから家族に会いまくらねば、ということで、いろんな場所を移動しました。
両親が離婚しているというのは本当に大変だ。義父さんのところと、義母さんのところを行ったりきたりしないといけない。今回も、義母さんは弟1号のところに泊まっていたため、そこに何度も顔を出さないといけなかったし、弟2号のところにも顔をだしたり、また義父のところに戻ったり。。。
クリスマスパーティーも2回やりました。でもまあ、それぞれ楽しかった。子供たちにいつもギフトを送りっぱなしのクリスマスだったけど、今回はあける瞬間に立ち会えたし。

弟の家で、ビービーガンを楽しむ旦那。缶に結構穴があきました。意外とうまい。
a0124555_524082.jpg

ギフトオープン中。大量のギフトに満足な子供たち。
a0124555_53958.jpg


実は、2人には、マウンテンバイクとトリックバイクを買ったのだけど、これがびっくり。組み立ては私たちでしないとだめだった!さすがアメリカー!ガレージで必死に組み立てた旦那。説明書も見ないで、ブレーキとかちゃんと調整してるの。これまたすごいなー、旦那。と尊敬のまなざし(笑)。ラッピングできなかったので外に置いてサプライズにしました。

ギフトオープンの後は、クラッカータイム。大人も子供も大騒ぎ。
a0124555_582443.jpg

アメリカのは、日本のとかなり違って、中にプラスチックのおもちゃと紙の王冠が入ってる。
a0124555_591917.jpg


夜中まで飲んで食べてDVD見て、満足げな義母さんたちなのでありました。
そうそう、今回初めて旦那以外の人が作ったターキーを食べたのだけど、美味しかった。しっとりして。グレービーも違うの。

やっぱりHolidayは家族と過ごすものなのだなー、日本の正月みたいだなーと感慨深かったです。
行ってよかった。
[PR]
# by haustin | 2010-12-31 05:20 | Travel | Comments(0)

憧れの坂之上よーこさんに対面 @ Tai-Pan

昨日は興奮して眠れなかった・・・(笑)

知っている人は知っている、坂之上さんのブログで、ご家族そろってサンフラン上陸オフ会があると知り、サインアップだけしたもののひとこともつぶやいていなかったTwitterではじめてつぶやいたのが、オフ会参加表明(笑)。いやー、私、今この瞬間を見たり聞いたりしていることはとても大事だと思うんだけど、そこでつぶやく気にならず、そうやってると、あとからFacebookに少しまとめればよいか、となり、Twitterは時々フォローしてる人の呟きを見る程度にしか使ってなくて。。。FacebookとMixiだけでも時々まとめ読みするので精一杯なもので。。。(笑)


さて、今日は朝から2回目のビクラムヨガに行き、修行修行とつぶやきながら90分がんばって、シャワーを浴びて昼寝したら、Vintageのシャンパンテースティングへ。今回はいつものメンバーにMさんのお友達も参加で、にぎやか。Mさんの旦那さんもワイン業にかかわったり翻訳してるし、有名ワインブロガーと有名ワインコレクター(本人はロープロファイルにしてほしいと苦笑いしていたけど)だったので、なんだかいつものテースティングがさらにハイレベルでした~。「どうしても手に入らないシャンパンが2つあって、、、、」とかいうと、まじめに「シャンパーニュに行ってくれば?」といわれるし(笑)。


そうこうしているうちに、5時半ではないのー!あわててパロアルトへ。

今日の会場は、ダウンタウンのTai-pan。駐車場ですこし困って、到着したら私がいちばん最後。すいません、、、

落ち着いて話せるように、個室。ナイスチョイス!

自己紹介から始まった会はとっても和やか。私、いままでほんとに偏った人にしか出会ってなくて、よーこさんご一家にお会いできるのはさておき、彼女のファンってきっといい感じの人が多いんだろうな、、と思っていたのが的中。よーこさんのお話がかなり面白くて、旦那さんとの馴れ初めとか裏話を聞きながら、涙が出るほど笑ってしまった。

お食事中の図。コースメニューで個別にでてきたので落ち着いてたべられました。
a0124555_15585011.jpg



お料理のほうは、白人層がかなり高いお店で、とってもこぎれいな中華料理。メニューも中華と思えないものが出てきました!

a0124555_15584163.jpg

a0124555_15585870.jpg


3時間くらい歓談の後、お店も閉まるということで解散。みんなで写真もとって、すごく感激。
さらにとっても素朴で暖かな人柄のよーこさんとハグまでしてもらいました♪ こんな気さくで、成功してるよーこさん素敵。仕事ができてこの癒し系な感じ、目指すところです。ほんと。
お金を追い求めるよりも、楽しいことをやっていきたい、というのに共感しました。私もお金はあって越したことにはないけど、やっぱりお金だけのために仕事はできないタイプなので。

岡山出身というところにも親近感がもてるのかもしれない・・・旦那様は、岡大に留学していたそうで、これまたすごく素敵な方でした。



本当に、素敵な出会いにありがとう!な1日でした。
そして、家で洗濯すませてくれて、私の好きなようにさせてくれた旦那にもありがとう♪
[PR]
# by haustin | 2010-12-20 16:07 | Restaurant | Comments(2)

死ぬまでに飲みたい30本のシャンパン 13/30 - ジェレームプレヴォー、ヴーヴクリコ

メンバー4人そろわないとできないシャンパン倶楽部テースティング。
今年はこれが最後。Salon 1996をカウントすれば、今回で14本目なのだけど、1997を飲むまでカウントしなければ13本。短期間でみんなでがんばって飲んだなあ~。ホリデーシーズンだから気分的にもぴったりで、散在しましたです。はい(苦笑)。

今回のテースティング前に、Vintageでの以下のテースティングも参加。いつもながら15ドルでいろいろ飲めてお得♪

NV Vranken Demoiselle Brut Rose
NV Heidsieck Monopole Blue Top
NV Heidsieck Monopole Yellow Bottle Premier Cru
NV Veuve Cliquot
Vintage Veuve Cliquot
Vintage Veuve Cliquot Rose

写真はいつもどおり、Kさん提供です。

最後のヴーヴクリコのReserveのRoseと対比させるための、30本中の1本である、Veuve Clicquot Rose label。どこでもありそうなこのヴーヴクリコ、実は意外と売ってません。イエローラベルに赤ワイン足しただけなのに、値段もイエローラベルの倍くらい。。。ラベルの色が女子心をくすぐるかもしれないけど、なんか割高ー(笑)。泡も荒く、高級シャンパンにはちょっと無理があるかもしれませんが、フルーティーで甘すぎず、飲みやすいし、色も鮮やか。めでたい席で乾杯!というのにいいかも。味は私は、ReserveのRoseのほうがもうちょっとこなれてて好きかも。
a0124555_12193097.jpg

お次は、Kさんが日本からわざわざ取り寄せた、セロスの弟子、Jerome Prevost のLa Closerie les Beguines 。ピノムニエ100%。初めて飲む味です。ボディーはしっかりしてるのだけど、ピノよりいやみがなく、スムース。でもコクがある。すごい。
a0124555_12193945.jpg

比較用に、Mさんが、Egly Ourietのピノムニエ100%のシャンパンを開けてくれた。これもまたコクがある。でも、やっぱりピノムニエ一筋のJerome Prevostにはかなわないか。
a0124555_12194925.jpg

いやー、今年最後のシャンパン倶楽部も美味しく締めくくれたな!と思っていたら、Kさんが秘蔵ワインを取り出しておすそ分けしてくださった。なんと、Romano Dal Forno Amarone della Valpolicella 2000。ものすごく濃い色で、ポートを思わせる香り。でも味わいの奥にすこしスモーキーさもあって、お店にあるベーコンチョコが食べたくなった!Tさんがそっこーで購入。みんなで幸せに今年の最後のシャンパン倶楽部終了となりました。
a0124555_12195969.jpg



さて、これからしばらくは、メンバーのうち可能な限り集まり、楽しみたいと思います。
シャンパン&ワインは、素敵な人と出会いを広げてくれて、すごいなあ。ありがとう!と誰に言えばよいのかわからないけど、ありがとー!(笑)
[PR]
# by haustin | 2010-12-17 12:44 | Champagne | Comments(0)

死ぬまでに飲みたい30本のシャンパン 11/30 - テタンジェ、ドンリュイナール、タルラン

今回のシャンパン倶楽部のお題は、「Blanc de Blancs」。
死ぬ前のシャンパンリストの中から、3本選んで飲み比べ♪

写真はいつもどおり、Kさん提供です。

おつまみは、かにのほぐしたのに三杯酢をかけたものや
a0124555_11153928.jpg

「2010 Best」のシールに惹かれてCalistgaのスーパーで買った、Vermontの山羊チーズ Bonne Bouche
a0124555_11154869.jpg

そしてまたしてもキャビアが登場♪
a0124555_1116779.jpg

まず最初は私が購入していた、Tarlant のLa Vigne d'Antan。裏のラベルにデゴルジュの日付もあり、2010年の3月1日だそうです。色が濃く、ボディーはしっかりめ、でもMLFしてないからかすっきりしたのど越し。好きな味です。
a0124555_11155774.jpg

お次は、TaittingerのComtes de Champagne 1998.色は薄めで、香りもとても繊細。隣にうるさいアメリカ人の団体がいて、中でもすごく香水くさい人がいたために、とても香りをピックしにくかった。。。。ワイン屋に香水ぷんぷんでくるなー!
肝心なシャンパン、思っていたほど味は濃くなく、色と同じく味も繊細でした。
a0124555_11161659.jpg

今回の最後のシャンパン、1996 Dom Ruinart Blanc de Blancs。Dom Ruinartのシャンパンはボディーがしっかりしていてトースティー。15年くらい前に初めてフランスに行ったときに、ワインを3本買って帰ったうちのひとつが、Dom Ruinartであった。当時学生だった私にとって、当時のワイン価格は今よりずーっとやすいとは言え、とても高価。これとカロンセギュールと何か忘れたけど、買ったんだっけ。懐かしいなあ。で、わくわくしてあけたDom Ruinartは、トースティーでナッティーでシャンパン初心者にはあまりに癖がありすぎ、私はそれ以降このメゾンのシャンパンを飲むことはなかった。よって、今回のこのBlanc de Blancsはそれからはじめて。トラウマ挽回なるかー!

色は薄い。あれ、意外?こゆーい色を記憶しているんだけど。。。香りは、これもまた薄い。一口飲んでみたけど、やっぱりうすーい。あら?これはDom Ruinartらしくない・・・Mさんも驚いていました。泡もあまり出ません。保管が悪かったか、いろんなお店を転々として状態がよくないのか?ダブルチェックでCellar Trackerでもコメントチェックしましたが、もしかしたらこんなもんなのかもしれない、、、よくわかりません。
a0124555_1116345.jpg

コルクは左から順番に。Ruinartは14年たっているだけあって、ちびてます。
a0124555_11164240.jpg

ここで、店長から思わぬ差し入れが、、、、なんと、ジャックセロスのSubstanceです!これは最高のBlanc de Blancs!これを飲んだら後に戻れないとか、、、おおー。。。
デゴルジュは2008年4月22日。年間3000本の生産量。この中に入っているワインの中で古いものは1986年。というわけで、非常に複雑で、シェリーのような香りです。泡はほとんどなし。シャンパングラスで飲んでるのに、香りがすごくて、じーんとします。
a0124555_11394075.jpg

一同うなりながら香りと味を堪能。ほんと、、、これはすごいシャンパンです。。。。ううー。実はこの店長が、超VIP顧客のKさんに1つSubstanceをプレゼントしているそうで、また飲み比べすることになるんだそう。おおおー楽しみ。
a0124555_11164910.jpg


次は今年最後のシャンパン倶楽部テースティング会!
[PR]
# by haustin | 2010-12-17 12:11 | Champagne | Comments(0)

結婚記念日は旦那の肉料理

12月12日は入籍記念日で、その前に旅行に行ってたわけですが、当日は別にもういいかなーと思っていた私たち。でも、旦那がおもむろに「Big dinner」を作りたいという。。。。ターキーがやっとなくなったと思ったら、またかよ、、、と思いつつ、そういえば、ルクを纏め買いしたのに、大なべの出番がまだないので、それを使ってもらおう!とひらめいた私。グリルは2日に1回使ってるんだけど。。。

というわけで、だんな風ローストを作ってもらいました。

4パウンドほどのリブ ロースト用の肉の塊に、塩コショウ、ハーブ、ロースト用シーズニングをまぶし、ぽてっとなべに放り込み、おまけ程度にたまねぎのみじん切りを。ふたをして、325Fのオーブンで、約一時間ほど焼き、肉の中心が125Fになったら出来上がり。ふたをしたまま20分ほど休ませる。
a0124555_1543594.jpg


その間に、サラダを合えたり、ポテトの準備をしたり、パンを焼いたり。
出来上がりはこんな感じ。
a0124555_15431782.jpg


肉は切るとジューシー。やっぱり肉は旦那が担当だ。愛が違う。
a0124555_15432815.jpg



いっしょに飲んだワインは、クロデュヴァルの2007.実は全然特別なことを考えてなくて、ワインも用意してなかったんだけど、旦那が牛肉料理を作ることになったので、一番最初のまともなデート旅行で旦那の親友といっしょに3人でLe Papillonで飲んだのがここの2000だったかなんかで、思い出深いのを思い出し、お店でとっさに見つけて買ったわけ。でもこれがデキャンタしたらちょうどよく、いいマリーアージュ。とっても満足でありました♪


幸せな5周年だったなあ。だんな、いつもありがとう!
[PR]
# by haustin | 2010-12-15 15:53 | Cooking | Comments(4)


CAサンノゼ在住。旅行、食、ワインペアリング、シンプル料理が趣味。ホームステイ受入れ中。お問い合わせはhomestay@fitawi.comまで。* 犬のインスタグラムはじめました。https://www.instagram.com/bt.yasha_/?hl=en


by haustin

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
Cooking
Breakfast・Dessert
Pizza
Homestay
Home and Gardening
Travel
Champagne
Wine
Beer
Other drinks
Restaurant
ミシュランレストラン
Hiking
Health
Book and Studies
Misc
未分類

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

最新のコメント

>Akiさん お久..
by haustin at 03:16
お久しぶりです。 アプ..
by artfarmandgarden at 20:42
>huijiaさん ..
by haustin at 14:00
> Akiさん こ..
by haustin at 01:48
こんばんは。 カリ..
by artfarmandgarden at 19:13

検索

フォロー中のブログ

vivid memories
butakoの2年間の休...
コック家の生活 in フ...
shina_poohな日...
フィレンツェ田舎生活便り2
世界たべあるき日記
知りたがりやの食べたがりや
北イタリア自然派生活
ブルターニュから美味しい...
Lush Life
Piccoli Pass...
セロリ日記
イタリアで過ごす日々
イタリア~ノ ご家庭レシピ
日本、フィレンツェ生活日記
パルマの食と生活
LaLaLa La Me...
シチリア食通信 、時々イタリア
シチリア時間BLOG 2
ボローニャとシチリアのあいだで
地中海の島がえり
UNDERCURRENT
wine, food a...
アート農場と庭

ブックマーク

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
料理・レシピ

画像一覧