ワインイベント - Pajama Program 9/25 @サンタナロー

Santana RowVintage wine merchantsのクラブメンバーなので、普段ぼちぼちテースティングにいってますが、私はここ好きです。こじんまりしてるので、店員さんみんな顔と名前覚えてくれてるし、フレンドリーだし、まおさんという日本人のバイヤーもいるし。ここのせいで、ワインが蓄積されていっているといっても過言ではない。ついに110本突破。おき場所が・・・

さて、友達に声をかけるほどの目玉テースティングはしばらくなかったのですが、ついに大物がきました。(年末にかけてふえてくるんだけどね・・・)

↓↓


2010 Vintage Wine Merchants Grand Tasting

Supporting the Pajama Program

Saturday, September 25, 2010 from 3:00PM – 6:00 PM

$55/person + tax,
CLUB MEMBERS: $30/person + tax (limit 2 per membership at this price)

Vintage Wine Merchants proudly presenting Santana Row’s BIGGEST BLOCK PARTY and Pajama Drive of the year. Join us for an afternoon under the sun and help us support a great charity – the Pajama Program – to help provide new pajamas and reading books for children in need, many waiting and hoping to be adopted.

We’ll have the entire block from the Tequila Garden to the Vintage Wine Bar and invite over 30 wineries and suppliers to pour OVER 100 WINES. There will be music, raffle, small appetizers and a whole boat load of FUN IN THE SUN. The tasting list will be massive and impressive – spanning the globe from Santa Cruz to San Gimignano and from the Napa Valley to the Northern Rhone. While we will firm up the tasting list over the next two weeks, here are some names that you will have the opportunity to taste:

Pahlmeyer. Caymus. Gaja. Ornellaia. Juslyn. Morgan. Sonnet. Corison. Miura. Cakebread. Il Poggione. Chateau Montelena. Pelerin. Turnbull. Cambiata. Storrs. Fogarty. Heitz. Gruet. Gosset. Pol Roger. Corte Riva. Frescobaldi. Hopper Creek. Kathryn Kennedy. More, more, more. (Subject to change.)

Make a weekend of it and stay at the Hotel Valencia for the weekend. We have a special event day rate of $169/night (plus tax) for event day. You may make your reservation at www.hotelvalencia.com (Group/Block” code is 1009vintag_001) or call the central reservation toll-free number at 866-842-0100 to make reservations under “Vintage Wine Grand Tasting Event”. This rate is valid on 9-25-10 only.

If you don’t stay at the Hotel Valencia, please consider a taxi and/or arranging a ride. Please taste and enjoy wine responsibly.

Plan ahead and make your dinner reservations at one of our fine dining establishments at Santana Row.

Net event proceeds donated to Pajama Program.

====


というわけで、いつものVintageの店内でこじんまりではなく、チャリティーイベントなので、中央広場?というか、Vintageのバーがあるところからテキーラガーデンのある辺りでお日様のもと執り行われるらしい。シャンパンもあるし、結構いいところのワイナリーもくるし、メンバーだと30ドルって絶対行きたいところなのですが、この日は岡山に帰省していて、参加できないんです・・(号泣)。一緒に行けませんが、いけそうな人、ぜひ~!ディナーの予約もして、サンタナローを満喫するのにぴったりかと。


ちなみにPajama Programというのは、新しいパジャマや添い寝して子供に本を読んであげることをサポートするチャリティーのようです。そんなのもあったとはしらなかった。チャリティー盛んなので、シークレットサンタは毎年参加してるけど・・・売上金はすべてここに寄付されるそうです。


というわけで、パジャマきていくパーティーじゃないので、ご注意。サンタナローでパジャマってすごく浮くよね。。。(苦笑)。しかも昼間。。。
[PR]
# by haustin | 2010-08-27 03:25 | Wine | Comments(2)

トレジョの秘密

日本のお盆前後は仕事がとても静か。おかげで遊びほうけすぎて、ブログもお盆休み状態でした。。。でも元気に生きてました! 書くことはたくさんあったのに、時間がたちすぎて忘れてしまったことばかりなので、今日目に付いた記事をば。。。。。(笑)

Inside the secret world of Trader Joe's


カリフォルニア発のスーパー Trader Joe'sを愛用しているのは私だけじゃないと思うのですが、この会社、株式公開していなくて、マネージメントに関してとても秘密主義。ほとんど目にしたことはなかったのですが、ついに!店員さんがとてもフレンドリーなのと、変わった食品があるのでお気に入り。しかも値段も良心的。。。。株式公開されたら絶対買うぞと思ってるんだけど、必要ないからしそうにないね(笑)。



簡単に抜粋して意訳・・・(意外と長くなった・・・)

****

(1950年代にコンビニから始まり)今では全米で344店舗。半分はカリフォルニア。
株式公開してないけど、年間売り上げは8ビリオンドルで、ホールフーズとほぼ同じ。じみーに店舗を増やし、しかもアイテム数も、4000ほど。(普通は50000ほど) よって、Sqあたりの売り上げは1750ドルで、ホールフーズの倍。借金もなく、健全経営。

マネージメントは秘密主義で、成功を自慢もしない。本社には看板もない。

実は、トレジョは、ドイツのAlbrechtファミリー(Aldi Nord スーパーも所有)によって保有されている。記者にぺらぺらしゃべらない主義で、アメリカのCEO Dan BaneもFortuneのインタビューには答えない。今までビジネスについて公に語ったこともない。
(ドイツらしい超健全経営、というところでしょうか・・・)

何とかトレジョの秘密を探るため、Fortuneは2ヶ月かけて、退職したExective、ライバル、アナリスト、サプライヤーに探りを入れた。共通していたのは、トレジョは、拡大していきながらも、お客さんとのコミュニケーションを大事にする近所の小さなスーパー路線を貫いているところだ。「家族経営のイメージをたもちながら成長していく」のは簡単なことではない。

客層も豊かで、たとえばJessica Albaも頻繁にトレジョのショッピングバッグを持ってるところを目撃され、一方で最高裁判所のSonia Sotomayorもファンである。CostcoのCEOでさえ、「いやなところなんてないだろう」というくらいで、「とても尊敬している」のだそうである。


トレジョは、アメリカ人の食品に対する態度の変化を反映している。健康食品チェーンではないが、オーガニック商品が並んでいる。トレジョのすごいところは、お客さんが好んで買うような新しくて面白い製品を揃え、アメリカ人の嗜好の一歩先をいっているところである。
(これはホントにそうおもう。面白い物が多くて、ついつい買ってしまう・・・)

Joe Coulombeが最初のトレジョをオープンしたのは、43年前。”The South seas”(ポリネシアのあたり)をほうふつとさせるためにTrader Joe'sと名づけた。最初はコンビニアイテムとビールをそろえていたが、一時は、世界一のカリフォルニアワインの種類で名をはせた。(数十年後、また1.99ドルのワインで有名になった。またの名を”Two buck chuck”)
その後、Coulombeは健康食品を追加した。1970年代後半には、20店舗を経営していた。

この会社の成功が隠しとおせるわけもなく、ドイツの食品スーパーのグルのTheo Albrechtはトレジョを投資として非常にほしがった。AlbrechtのためにDue DilligentをしたDieter Brandesは”トレジョはすばらしく、ほかとは違った”という。Coulombeは、1979年にトレジョを売却したが、いくらで売ったかは「忘れた」んだそうだ。(そんなわけないよね・・・)


Albrechts一族(トレジョを一族のTrustで所有)は普段はビジネスに口を出さない。1年に一度アメリカ本社を訪れる程度である。Coulombeはマネージメント契約なしだが、数十年の間トレジョに在籍している。1987年に彼はJohn Shieldsを雇い、2001年までCEOを勤めた。彼の元で、トレジョはカリフォルニア外にも店舗を増やしていった。北東の人々はトレジョを理解してくれないんじゃないかというExectiveの不安をよそに、ブルックリンとケンブリッジにオープンした。

マンハッタンのユニオンスクエアのトレジョに行けば、東海岸の人はトレジョを理解しないという心配が信じられないと思うだろう。典型的なファミリーはその店だけでは買い物が終わらない。しかし、都市で生活していている人や大学生には、トレジョは天国なのである。


アイテムの選択を良く見ると、Coulombeの限られた選択と頻繁に入れ替わる戦略のすばらしさがよくわかる。ピーナッツバターだけをとっても、トレジョには10種類ある。しかし普通は40アイテムあるのである。少ないアイテム数を数多くこなすことで、トレジョはかなりのディスカウントで大量に仕入れる。これがすべてなのである。

選択肢を削って価格を削るのは、それほど矛盾しない。顧客はバラエティがほしいと思うかもしれないが、実際は、選択肢が多いと客は麻痺してしまうことにつながるのである。「人は、間違った選択をしたと後悔するのを心配するのである」 研究によると、人は選択肢がそんなに多くないと知っていると、買い物するのを楽しめるのだそうだ。選択肢が多いことで、お客さんはたくさん来るかもしれないけど、買うとは限らないのである。選択肢が多いことで、購入プロセスではなく、意思決定プロセスにお客を追い込むことになるのである。

(確かに選択肢が多いと、悩むんだよねえ。ホールフーズでバルサミコ酢買うだけで疲れるもん。ま、たまには楽しいし、いろいろ試せるのはいいけど、時間がかかってしょうがない)

お客さんは、数少ない商品でもそれらが美味しいとわかってるので、トレジョで2種類のプディングや1種類のポレンタしかなくてもよいのである。トレジョには、4人のProduct developerがおり、世界中を駆け回っているのである。退職したSenior executiveによると、トレジョで一番大きな研究開発費用は、商品探しのための旅費なのだそうだ。トレジョはトレンドを追うのではなく、トレンドを作るのだ。

そのほかの何十人もいるバイヤーやカテゴリーリーダーは、オフィスで週に何百もの勧誘電話を対応したり、トレジョに客になってほしいといって訪れるベンダーの相手をしている。トレジョはサプライヤーにとって夢のような顧客である。時間通りに支払うし、広告に余計な請求もしてこないし、クーポンもないし、普通のスーパーがとるような陳列チャージもとらない。その代わり、サプライヤーはトレジョの秘密主義の下でビジネスをしなければならない。「ベンダーはトレジョとのビジネス関係を絶対に公開してはいけない」


どうしてそんなに隠すのか。前Executiveによると、買い物客にも競合他社にも誰がその商品を作っているのかを知られたくないからだそうである。そして多くのサプライヤーも、彼らが低価格のトレジョブランド作っていると知られたくないからなんだそうである。

トレジョは何年にもわたってトレジョブランドを展開する方法を改善してきた。マネジメントはできる限り中間業者を通さないようにし、直接買い付け、そのままトレジョの配送センターに送るようにしている。たとえば、アメリカ産のチーズは全国の配送センターに送られ、そこで切って、包装され、コスト削減している。トラックは毎日配送センターから店に向けられている。

次の場所を決めるために、従業員は商品の購買層もみている。たとえば、ハイエンドのFood & Cooking雑誌を講読しているかもチェックしていたくらいである。

トレジョの給与は悪くないようで、ストアマネージャーはキャプテンと呼ばれ、低めの6桁給与がもらえるらしい。(多分200Kくらい?)フルタイムの従業員で、40-60Kドル。さらに、15.4%の給与を401Kに入れてくれる。

こうした従業員の満足が、顧客満足にもつながっている。レジにはコンベヤーベルトもなければ、仕切りもない。生野菜は重量ではなく個数で売られているので、チェックアウトも早い。従業員は、商品のマージンをしらないので、プロフィットのためではなく、買い物客に一番よい選択をすることができる。


トレジョはこのままでいられるのか?前従業員は、今のCEO Dan BaneがSenior VPを増やしたり新しい役割の”Product developer”を創出して、トレジョを会社っぽくしてしまったことで今までの起業家精神あふれた情熱をうしなってきていると心配している。一方で、Baneは本社でハワイ何シャツと名札をつけることを奨励している。そして、システム化することは悪いことばかりではない。会社が大きくなると、1つのミスもミリオンの損失につながる可能性があるからである。

何人かの前従業員は、すでにとっぴなCoolさを失っているという。昔はなろうとしなくてもトレジョは近所のお店だった。しかし、チェルシーのトレジョでは今までマンハッタンで見たことないような光景が見れる。見知らぬ人同士がおしゃべりしているのである。通いなれた客が、初めての客に、どれを試すべきか教え、料理人がソースやチルド・冷凍製品をもっと美味しくできるかのアイディアを共有してるのである。

もしトレジョがこんな魔力を持ち続けられるなら、今までで一番大規模な”近所の店”になるだろう。
[PR]
# by haustin | 2010-08-24 11:03 | Misc | Comments(8)

Mexico Puerto Vallarta 食事編

このホテルには、ビュッフェレストラン(朝、昼、夜)、似た感じの浜辺のレストラン2つ(昼、夜)、イタリアンレストラン(大人のみ。夜。)、メキシカンレストラン(夜)、ロビーバー、ビーチ内に複数のバーがある。あとほぼ24時間ルームサービス。

特殊なボトルワインやボトルリカー(ワインリストがあるのでそこから選んだもの)以外は、飲みたいものを注文しても料金は支払う必要なし(ただしチップはあったほうがよい。でも値段がないので、カクテル1杯で10ペソとか食事一回で100ペソとか気持ち。たぶんこれはチップの習慣がある所のAll Inclusiveでは同じだと思う)


ワインセレクションはメキシコワインからフランスまでいろいろあったが、驚くほど高かった。アメリカ市価の3倍強。そもそも気候がカリフォルニアとは違うので、あまりワインを飲む気にならなかったも助かって、2度シャンパンのボトルを注文しただけ。。。。フォションのシャンパンが120ドルくらいでそれが一番安かった。ドンペリにいたっては400ドルくらいだったと思う(こっちで買っても100ドルちょい。もちろん頼んでません!)。ちなみに彼らが「シャンパン」と称してグラスでくれるのは、Cavaです。ミモザもそう。それらはInclusive.


実はワインのセレクションが不安だったので、普段飲んでるカリフォルニアのシャルドネを2本持っていってたんだけど、飲む気がしなくてだらだらと持ち越し、結局残してしまった(笑)。その代わりテキーラショットとマルガリータ、モヒートを。だって美味しいんだもん。とくにマンゴーマルガリータ気に入りました♪ 同じワインでも味が違うように感じて美味しく飲めなかったのは不思議。 
a0124555_13171841.jpg

a0124555_1345341.jpg



食事はいろいろそろっているおかげで超わがまま旦那も私も大丈夫。シーフードは大味で、えび、マヒマヒ、サーモン、ホタテがメインだったかな。地元のものとは思わなかったけど、肉のメインは一度も食べずにすごしました。たとえばこんな感じ。

a0124555_13181780.jpg


一度大笑いしたのが、ランチのビュッフェレストランで、メキシカンタコスコーナーがあり、ビーフとピーマン、たまねぎを巻いたものがあった。アメリカだと普通は具を選べることがおおいんだが、日本と同じくここも具は混ぜ込んで巻き込んでおいてある。ブースのおばさんにだんなが「ビーフだけのにできる?」ときいたら理解できず、「ピーマンとたまねぎぬいて」というと、てくてくあるいて、近くにあった、子牛のローストをさして、「ビーフだけがいいならこれ」と。あはは。おかしい。味が違うから、だんなは牛肉だけがはいったそのタコスをほしかっただけなんだが(ピーマンやたまねぎが混ざったものは食べられないから、肉だけバージョンがいい)、、、、通じないよね!その感覚。私はかわいそうな旦那を横目に、ピーマンとたまねぎのはいったそのタコスを美味しくたべたのでありました(笑)

全体的にアメリカのふつーの店よりずっと美味しかった(高級レストランは当然レベルがちがってアメリカでもおいしいのでそういうのは別)。リゾットの湯で具合も微妙にアルデンテで感動。生ハムにいたっては、ちゃんとイタリア、スペイン風にぎゅーっとうまみがあるものであった。おいしかった・・・レストランで食べるものを、ルームサービスできないので、無理にお願いしてTo goでしてもらったくらい・・・

a0124555_13235018.jpg



ルームサービスは昼夜のメニューはいまいちなんだけど(ポリシーとしてシーフードは扱っていない!)、朝食は充実。アメリカンの朝食に、フルーツプレートを注文したらこんな感じ。宿泊中、毎朝、りんごにんじんジュース代わりに飲んだ、グリーンジュース、最高でした。グリーンケールとりんご、グレープフルーツ、レモンを混ぜたようなあっさりさっぱり味。美味しかったです!!

a0124555_13263683.jpg



最後に、イベントでメキシコ料理のビュッフェをしていたときに、タコスを生地から作ってるブース発見。普段のレストランではここまでやってない。生地を丸めて、機械で伸ばして、鉄板で焼いてました。それに具とカラフルなトッピングを載せる感じ。容器がいい感じ~。写真を撮るとき、お店のおじさんが「写真とられるなんてはずかしいなー。明日インターネットに載るの??」と照れてたのが素朴でよかった(笑)

a0124555_13293549.jpg



全体的に、ウエイター、ウエイトレスのみんな愛想がとてもよくて、写真も進んでとってくれたし、冗談もいうし、やり取りが楽しかった。いつも、「Beautiful Lady」って呼んでくれて先にワインついでくれたりサーブしてくれるの(笑)。時々スペイン語もしゃべるけど、ホテル内では英語で生活できたのがとても楽でした。

あと、メキシコは水が心配で、飲み水はもちろん氷も気をつけるよういわれますが、このホテルに関しては、水も氷もNo Problem! 気にしてたらカクテル何も飲めないし、普段も水はペットボトルではなくてグラスでくるので、生活しきれない。そういう面で、インフラはカリフォルニアで生活してるのと同じでたすかった。


全体的には、1週間程度で、高望みしていなければ、快適にすごせて満足いく環境でした~!



最後に、1日だけダウンタウンに出たときに食べたタコリアのタコスは、こんな感じ。現地の店員さんには英語が通じず、テキーラ屋のおやじに付き添ってもらって通訳してもらい(その話は次の部日記で)、豚、牛、ポテトの3種を食べました。これで50ペソくらいだったかなあ。サルサソースをかけて辛さを調整できる。
a0124555_13445372.jpg

[PR]
# by haustin | 2010-07-28 13:56 | Restaurant | Comments(2)

のんびり夏休み @ Mexico - Puerto Vallarta

1週間弱、パソコンも携帯も時計も置いてMexicoのPuerto Vallartaへ行ってきました。SF空港から直行で3時間半程度で行けて、ジャングルと海が両方楽しめるリゾート地。ジャングルもあるということは、雨の量も多く、7月と8月は雨季にあたるのだけど、雨は夜に降るようで、昼間は暑く泳げるようだったので結局ここにした。


この辺のホテルは、All Inclusive(食べ物飲み物混み。ボトルワイン、Spaは別料金。)が多い。調べてみたら、老舗のDreams(メキシコに多い)もあり、なかなか評判が良いので、ここにとまることにした。中でもPreffered clubは新しく、専用コンシェルジュもいるし、ベランダにジャクジー付きのJunior Suiteに決定。



目的は、時間を気にせずひたすらぼーっとすること!あとテキーラを買う。それだけ。だからAll Inclusiveで何も考えなくていいのがぴったりなのであった。



Puerto Vallarta空港からホテルまでは20-30分ほど。タクシーで230ペソ(でも帰りに、ホテルから空港の値段設定は150ペソであった。)。この街では、出発時から最初に値段が決まってるようで?空港を出るときに支払った。その後、街に出るときもホテルで50ペソといわれ、それにチップを足しただけしか払わなかったし、帰るときもホテルについたら50ペソといわれる。なんだか変な気はするが、ナポリみたいにぼったくられることもなく、なかなか安心してタクシーを使えるのでよいかも。街ではUSDも使えるが、レートがいい加減なので、ペソでうちは支払った。

ホテル自体は悪くなかった。メインタワーのほうは古いと不評だったが、Preffered Clubタワーのほうはほどほどに新しく、綺麗にしてあった。でも湿気がすごく多いので、湿気くさいというか、なんともカリフォルニアではない臭いがする。部屋にお香が置いてあったが、マッチが湿って火がつかないし、コーヒーに入れる袋入り砂糖もしっけて固まってるくらい!しょうがないか、とあきらめ。
a0124555_557475.jpg

a0124555_5581992.jpg

a0124555_5584422.jpg


Spaは、値段設定が結構高めで、アメリカと同じくらい。でもそのせいで混雑してないので、毎日通いつめた。ここのディープティッシューマッサージ、お勧め。男性と女性で分かれているけど、ジャクジールームは外にあり、波を聞きながら、カップルでジャクジーに入ることもできる。マッサージの部屋も、真ん中の仕切りをとれば、カップルでマッサージを受けられるようになっている。サウナでしっかり毎日汗をかいたせいか、お肌すべすべになって満足(笑)。さすがメキシコ?で、リストプライス以外に、ビーチで寝そべっていると、今からスペシャルで2 For 1でやってあげるわよ!とかいわれるので、ついつい何度も行く。でも、まだ首が凝ってる私っていったい。。。


1日だけ、数時間ダウンタウンでテキーラショッピングした以外は、ずーっとこのリゾートに篭り、プライベートビーチでぼーーーっとする毎日は本当に幸せであった。


8時半ごろ起きて、ルームサービスかブッフェで朝ごはんを軽く食べ
ビーチに出て少々散歩
a0124555_621459.jpg

マルガリータかモヒート、だんなはピニャコラーダを飲みながらパラソルの下で波の音を聞きながら読書
a0124555_615078.jpg

小腹がすいてきたらブッフェにて軽くランチ
ビーチに戻ってまたカクテルを飲みながら読書
昼寝
海に入って浮かんだり、カヤックしたり
Spaに移動して、マッサージとサウナを堪能し
部屋に戻って泡風呂にはいってベランダから海を眺めコロナを飲みながらぼーっとし
着替えてディナー
夕日を鑑賞し
a0124555_611611.jpg

ショーを見て(毎晩テーマが違う)
a0124555_623699.jpg

寝る前のカクテルかテキーラショットをバーで飲み
11時には就寝


これを毎日やったおかげで、かなり黒くなった。そりゃそうか。でも、飽きなかった。食べ物には飽きてきたけど(笑)、この生活リズムを1年のうち1ヶ月くらいやりたいかも。。。。。ヨーロッパやカリブはカリフォルニアから行くには遠いけど、近場でこんな生活をするのも悪くないな・・・・でもこの時期のせいか、湿気がだめ!今度は時期を変えていってみたい。毎晩嵐で、雷もなっていて、朝になるとやんで、昼にかけて晴れ、夜にかけて曇り、雨が始まる、という毎日。ジャングルから流れ込む水に木の破片が大量に混ざっているため、海に流れ込んで、水自体は綺麗だけど、たくさんの小さな木の破片があり、スノーケリングは離れたところでないと無理であった。次回は行ってみたいなあ。


そうそう、カモメはぜんぜんいないけど、ブラウンペリカンがたくさん生息していました。ところ変わればですな~


あと、All Inclusiveとはいえ、チップをひたすら渡さないといけないため、いつも小銭は携帯しておくのがよいです。


さてお次は食事編。
[PR]
# by haustin | 2010-07-26 06:09 | Travel | Comments(8)

Pinot Days 2010

記憶がなくなる前に、さくーっと書きました!

このところほんとに暑い!そんな中、美女2人と旦那とサンフランシスコのPinot daysでテースティングいってきましたー! ミフーさんちに車をとめて、そこからバスで会場まで。いやはやサンフランシスコ観光みたいで楽しかった。途中カストロの辺りは、レインボーフラッグがたくさんで、ゲイパレードの余韻が(それ以外でもあるのかな(笑))。サンフランは旦那があまり好きではないのであまり来ないため、いつまでたっても観光客状態(笑)。

フォートメイソンまでいって、やっぱり車で乗り込まなくて良かったと思った。ファーマーズマーケットとかやってるし、駐車場空いてない!持つべきものはジモ友なり、と思いましたです。

a0124555_13341456.jpg


海辺で風が涼しいけど、サンフランシスコには珍しく暑い日だったので、ちょうどよい。
早めに来てればこのファーマーズマーケットでランチできたなーとおもったりしつつ、会場へ。入り口でIDを見せて入場。

a0124555_1336138.jpg


スポンサーのマンダリンオリエンタルのロゴいりピノ用グラスをうけとり、いざテースティングへ。アルファベット順になっているので、リストを作っていったかいがあった!

会場には、チーズとパンはいたるところにあり、そのほか協賛のお店のちょっとした小皿もある。2,3箇所チーズコーナーがあった。
a0124555_14233826.jpg

有料のサンドイッチコーナーもあるのでおなかがすいてる人も大丈夫。お水も会場においてあるし、リンス用の水もブースにおいてあるし、吐き出すためのカップもおいてある。私は、マイウオーターを持参していて、それで正解だとおもったけど、パンも持って行っとけばよかったと思った。途中でパンがなくなっていたから。。。。お口直しにいいんだよね。


さて、以下事前に色々調べて、お勧めが多かったものをピックして、アルファベット順で飲んだのは、、、



●Belle Glos Wines - Taylor lane vineyard, Las alturas vineyardの2種類が気に入った。

●Bohemian Vineyard - 1種類のみ。ペッパーきつく、くせがある。私は苦手。

●Calera wine company - 定番以外にde Villiers があり、好きな味であること発見。

●Caraccioli Cellars ー ここの泡、シャンパンみたいで美味しい(お値段も)。Santa Lucia Highland。。。ここ好きなワインが多い。

●Clos Pepe Vineyards - 名前はいまいちだと思ったが、これが意外とどれもすんなりのめる味。好みが別なのに、一同好きだった。

●Derbes Wines - ここのラベルがすき。シャルドネ2種類だしていて、ピノよりシャルドネがすっきりしてたるっぽくなく、気に入った。値段も30ドル程度なのがよい。カルネロスのほうが私ごのみ。
a0124555_13491848.jpg


●Domaine Serene - メジャーだけど実は飲んだことなくて初めて試した。2006年ヴィンテージのみで、値段の割りにいまいちかも・・・と思ってしまった。2007とか2008なら違うのかも。

●Dutton Goldfield - これもスムーズで美味しかった。2007年のが好きだったとしか記録がない。。。どの畑だったんだろう・・・

●Eno - どれもペッパーきつめ。あまり好きな味ではなかった。

●Failla - 美味しいと聞いていたので楽しみにしていた。2007年のPinot Noir Occidental Ridgeが気に入った。

●Flying Goat Cellars - Pinotだけで作った、ロゼスパークリング。きんきんに冷えて、辛口でうまうまでした。Lompocあたり。名前がなんか変ですが、侮れませぬ・・・

●Hitching Post Wines - 有名なサイドウエイズのあのレストランのワインです。期待してなかったんだけど、意外とおいしかった(笑)!

●J Vineyards & Winery - バブリーが有名でそれしか飲んだことなかったんだけど、今回3種類ピノを。スムーズで万人受けしやすい味だと思った。

●Maboroshi Wine Estate - 日本人のオーナー私市さんと奥様のRebeccaさん。うわさに聞いていて初めてお会いできてうれしかった。そしてうわさどおり、美味しかったです。ピノのクローンによって同じ畑でも味がまったく違うのがわかって驚いた。私はMaboroshiのほうが好きだったかな。行ってみたいな。

●Merry Edwards Winery - SonomaでFreeman の近くにあるのに行った事がなかった。コメントは特になし。

●Morgan - これまたよくお店で見かける割に飲んだことなかったので、4種まとめて飲めてよかった。どれも好きだったが、詳細メモなし・・・

●Pisani Vineyard - 最初にリストには入れてなかったんだが、途中で絡まれたオヤジ軍団にいけといわれ、立ち寄ったが、普通だったかなぁ。

●Pessagno - ここも最初はリストに入れてなかったんだが、オヤジにいけといわれ、行ってみたら大ヒット。Four boys 2007が気に入りましたです。

●Robert Talbott vineyard - カーメルバレーに行ったときに立ち寄って、Diamond Tが好きだったんだよねぇ・・・とおもっていたが、案の定お手ごろな3種類しかなかったが、Sleepy hollowは美味しかった。で、Diamond Tが美味しかったよ!とサーブしてくれる人に言うと、おお!といって隠し持っていたリザーブとDiamond Tを出してくれた!ラッキー♪ 言ってみてよかった。うまい~。今回のテースティングで泡以外で全部のんだのはこれだけ。

●Siduri wines - うわさに聞いていたので楽しみにしていた。Keefer Raunchが美味しかった~。

●Scherrer - 美味しかったんだが、細かいメモない・・・

●Tantara Winery - これはいろんな人に薦められていて、会場で絡まれた?よっぱらいのオヤジ軍団にもいわれ、最後にいったんだけど、おいしかった・・・しかメモなし。オヤジ軍団に絡まれ、味の記憶があまりない・・・もったいない・・・

●Woodenhead - これは最初に飲んだ。Anderson Valley 2007がおいしかった。

●Windy oaks winery - これもリスト外だが、その辺にいたオヤジがいっとけ、というのでいってみたが、記憶にない、ということは普通だったのか。


ちなみに、私、全部一口ずつ位しか飲んでませんからね。全部飲んだらたいへんなことになってるって(笑)。みんな気前よくついでくれるからもったいなかった・・・プロ、アマとも真剣に呑んでる人が多く、メモびっちり書いて、一口口に含んではペッと吐き出してる人いっぱいでした。

結局なんだかんだいって、1時から5時までいた。もう一つ飲みたいのがあったのに、5時以降ついでくれないそうで、アウト。残念・・・


全体的に好きで記憶に残ってるのは、Robert TalbottとCaraccioli。
どっちも南だわ。これは、Girlsでサイドウエイズもどきするか?(笑)


それにしても私は、どうもソノマコーストとかロシアンリバーと名前のつくブレンドピノは好きではないらしいとここでよーーーくわかった。薄すぎるんだ。あの独特の香もそんなに好きではない。でもシングルビンヤードとかになると好きなやつが出てくるんだ。Keefer Ranchも好き。。。不思議だなあ。でも同行してた友人は一方でロシアンリバーが好きなんだよね。ほんとに人によって違うんだとしみじみ。一方セントラルコーストのピノは好きなものが多い。特にSanta Lucia Highland。ピノ奥深し~~。
[PR]
# by haustin | 2010-06-28 14:29 | Wine | Comments(4)


カリフォルニアサンノゼ在住。食をテーマにした旅行と、庭で採れた野菜を使ったシンプル料理が趣味。ホームステイ受入れ中。お問い合わせはhomestay@fitawi.comまで。


by haustin

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
Cooking
Breakfast・Dessert
Pizza
Homestay
Home and Gardening
Travel
Champagne
Wine
Beer
Other drinks
Restaurant
ミシュランレストラン
Hiking
Health
Book and Studies
Misc
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

最新のコメント

>Akiさん お久..
by haustin at 03:16
お久しぶりです。 アプ..
by artfarmandgarden at 20:42
>huijiaさん ..
by haustin at 14:00
> Akiさん こ..
by haustin at 01:48
こんばんは。 カリ..
by artfarmandgarden at 19:13

検索

フォロー中のブログ

vivid memories
butakoの2年間の休...
コック家の生活 in フ...
shina_poohな日...
フィレンツェ田舎生活便り2
世界たべあるき日記
知りたがりやの食べたがりや
北イタリア自然派生活
ブルターニュから美味しい...
Lush Life
Piccoli Pass...
セロリ日記
イタリアで過ごす日々
イタリア~ノ ご家庭レシピ
日本、フィレンツェ生活日記
パルマの食と生活
LaLaLa La Me...
シチリア食通信 、時々イタリア
シチリア時間BLOG 2
ボローニャとシチリアのあいだで
地中海の島がえり
UNDERCURRENT
wine, food a...
アート農場と庭

ブックマーク

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
料理・レシピ

画像一覧