<   2011年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Bodega Numanthia テースティング @Vintage

最近会議が、夜8時とかまでだったのだけども、今日はない!ということで、いつものVintage wine merchantsでClubメンバーはただのBodega Numanthiaのテースティング With Winemakerに行ってみることに。

スペインワインは、あまり知らないので、事前に少し調べていったら、LVMHグループで、かなりポイントも高いようで有名だということはわかった。細かいことは、Winemakerに聞けばいいや、と旦那と乗り込む。

今日のテースティングは3種類。

2008 Bodegas Numanthia Terms  24.98 -> 19.98

2007 Bodegas Numanthia ”Numanthia” 59.98 -> 48.98

2007 Bodegas Numanthia ”Termanthia” 199.98 -> 159.98

というわけで、いつものテースティングとちょっと違って、スーツの人たちがたくさんいる中、1杯目を告いでもらう。すべて、Tinto de Toro 100%で、木の年、樽、手づみなどが違うらしい。Tempranilloの一種。

a0124555_1237491.jpg

a0124555_12374280.jpg


WinemakerのManuel Louzada氏が丁寧に教えてくれるので、ひとつずつふむふむと味わえた。私のあほな質問にも、とてもにこやかなのがプロフェッショナル。さらにタパスも無料。なんと太っ腹。さすがLVMHグループ(笑)。

Termsは20ドル程度なのに、味わいはもっといいワインのような感じ。こりゃいいデイリーワインを発見である。だんながすぐに6本ゲット。Tempranilloってもう少し酸味のあるようなイメージだったけど、これは全然ちがって、ブラックチェリーのような濃いフルーツの味がするの。カリフォルニアワインが好きな人にはいいかも、、、と思う。で、真ん中のNumanthiaはもう少し繊細な味わいで、最後のTermanthiaは、いい感じで樽っぽく、Napaのワインみたい、と私なぞ素人は思うのであった。通りでロバートパーカー氏も97点をつけている。2005年も同じ割引率で売っていたので、これは買いだということでいただきました。

Termanthiaを買おうとしたら、サインしてもらいなさいよ、と同行のPR?女性がいうので、遠慮なくManuel氏にサインをしてもらった。で、写真も撮ってもらった(笑)。
a0124555_1237574.jpg

でもこの金のペンが、乾きにくく、しばらくワインを飲みながら雑談。このTermanthiaはどのくらい寝かれる?ときいたら、30年かなーという。理由は、自分が41歳だから、あと30年寝かせられたら、まだ味わえるから、だってさ(笑)。お茶目な方でありました。

乾いたころに清算して帰宅。でもこの清算のときに、お店の人が気をきかせて箱に入れてくれたせいで、ちょっと乾いてないところがはげてしまった(苦笑)

40分ほどしかいなかったのだけど、楽しいイベントだったなあ~。会員でよかった(笑)
[PR]
by haustin | 2011-04-28 12:54 | Wine | Comments(2)

Napaメジャーワイナリーめぐりと再びBouchon

元同僚Yさんが、アメリカ企業に転職してシリコンバレーに出張にくるということになり、週末遊ぶことになった。Yさんといえば、5年前こっちにきたばかりのとき出張でうちにきて、焼酎とテキーラをあけ、そのままうちに宿泊し、朝起きたら一人でタクシー呼んで会社に行って、朝起きたらいなかった、それが最後に会った記憶だったという、、、(爆)。旦那も、「おお、Yさんといえば、あの伝説の・・」という覚え方。いっしょに飲めるのを楽しみに週末を迎えた。

ワインは語るというより、飲むのがすき、という彼女。Napaに行くのも初めてなので、メジャーどころに行くことにした。私もこういうことがないとなかなか行かないし。

まずは乾杯をかねて、泡どころDomain Carnerosへ。おそらく4年ぶりだろうか。。。。様子は変わってないけど、テースティングメニューは変わっていた。イースター休暇でかなり混んでいたけれども、席は確保。

a0124555_1316457.jpg

私とYさんは、25ドルのGrande Tasting(2006 Ultra brut sparkling, 2005 Le Reve Blanc de Blancs, 2008 La Terre Promise Pinot Noir, 2007 The Famous Gate Pinot Noir)、旦那は赤が好きなので、16ドルのRed Wine Sampler (2008 Avant-Grade Pinot Noir, 2007 Estate Pinot Noir, 2006 Avant-Garde Merlot)を。
チーズプレートもなかなか美味しそうだったので、Sparkling用16ドルのを注文。Carmody, Mt Tam, Midnight MooNとすべてカリフォルニア産。最近美味しいシャンパーニュを飲みすぎたせいで、Le Reveでさえも、ふーん、、、という感想になりそうになったのだが、これはこれでやっぱりBlanc de Blancにしてはかなり酸味も少なくコクがあって美味しいなあ、と思いました。それよりもチーズが美味しかった♪ 眺めも、秋ほどじゃないけれども、高台から眺めるワイン畑はなんとも言えずよい眺めです。

a0124555_13162082.jpg
さて、お次は、誰でも知ってる定番のMondaviへ。人がたくさん!テースティングカウンターも人だかりで、げっそりだったけども、これまた同じく4,5年ぶりなので、試してみました。オーナーが変わったようですね。で、テースティングも、好きなのを4種類頼んで20ドルという、なんともいい感じ。白 4種類、赤 7種類あります。私は、2007 Oakville Cabernet Sauvignon, 2007 Carneros Cabernet Sauvignon, 2007 Vine Hill Ranch Cabernet Sauvignon, 2009 Moscato d'Oroをテースティング。歯が赤くなりそうなCab連続のテースティング。順番に複雑さが増し、Vine Hillはいやみのないたるっぽさで、結構好きだったかも。デザートワインというよりもアペリティフによさそうな、Moscato d'Oroは、旦那が喜んで飲んでました。私にはちょっと中途半端すぎたかな。広々した中庭で、ぼけーっと子供がはしゃいでいるのをみながら飲むワインはやっぱり美味しいな。ここのテースティングの担当のおじさんはすごく態度が悪かったけど。

a0124555_13163575.jpga0124555_13165086.jpga0124555_1317611.jpga0124555_13172356.jpg















さて、お次は、Rubicon Estateへ。25ドルのDaniel Tastingを入り口で頼むとパスポートにはんこを押してくれる。別の一角には、カフェもある。パスポートをもってテースティングカウンターに行くと、とてもきびきびと愛想のよいお姉さんが明るく対応してくれて、とても感じよかった。さて、メニューは決まっていて、2008 Captain's Reserve Chardonnay, 2007 Captain's Reserve Pinot Noir, 2006 Captain's Reserve Cabernet Sauvignon, 2007 CASK Cabernet Sauvignon, 2007 Rubiconの順番。やっぱりRubicon美味しい~♪♪ テースティングだけでなく、展示場をゆっくり見て回れるのもなかなか面白かったです。

この後、Bouchonのディナーの予約までまだ時間が有ったので、Yountvilleまでいったら、Bouchon 近くにある、Maisonryで、いつものBlackbirdのテースティング。またただチケットが送られてきていたので、遠慮なく使いました(笑)。今回は初めて外で、焚き火の周りのソファでテースティング。周りの人たちも、Blackbirdのテースティングしてました。徐々にメジャーになってきたかなー?ここ美味しいんです~。ぜひ見かけたら試してみてください♪

さて、今日のメインは、またBouchon(笑)。といっても、Napaのに行くのは初めて。予約がいつも取れなかったんだけど、今回はラッキーにも5時45分の席が1週間前で取れたので。

a0124555_13174291.jpg


a0124555_13184100.jpga0124555_13182270.jpga0124555_13183877.jpga0124555_1318525.jpga0124555_1319730.jpga0124555_13194687.jpg























a0124555_13201022.jpg


こっちのパンには、ハマスも添えられてきました。パンも固めに焼きあがってます(Vegasに比べて)。さて、旦那は、オニオンスープから。これがまたチーズとオニオンたっぷりでうまー!私とYさんはシェアで、まず、ビーフタルタルを。すこしピリッとこれまたうまー!お次は、牡蠣とクラムを。これが、ちょっと残念。牡蠣は時期のせいもあるのかもしれないけど、Vegasより身が薄い種類が多く、唯一Kumamotoだけ美味しかった。あと、最悪だったのがクラム。あさりサイズ(普通はハマグリサイズ)なだけでなく、6つ中3つは、生臭く、やばい感じであったため、手をつけられなかった。苦情を言うと、取り下げてくれて、牡蠣4つに変えてくれた。当然あとから請求はなかった。

さて、お次のサイドは、アスパラとベーコンサラダ。これがなぜかアスパラサラダという割りに、アスパラがすこーしだけで、ベーコンがでっかい(笑)。メインみたいであったよ。でもこのお肉が柔らかく、中央の生卵がまたまったりとしてほっぺがおちそう、、、な味でありました。いっしょに来たメインは、フランス語だったんだけど覚えきれず、要はブリスケットのフレンチ仕立て。この間セントパトリックデーで食べたばかりだったけど、全然違う調理で、同じコーンビーフとは思えない上品なお味に満足。

旦那は、ステーキ&フライに、なぜかサイドもつけて、マカロニチーズ。このマカロニチーズが、今まで出食べたことないくらいにチーズとろとろ。げきうまー!と旦那大喜び。フライもさくさくで美味しかったそうです。

みな食べ過ぎておなかいっぱい。。。。

飲み物は、テースティングで飲み疲れていたので、スパークリングだけ1杯と食後酒をば。お酒の価格は、こっちのほうがVegasよりお手ごろだった。同じのが安いというより、価格帯が手ごろなのがあった、という印象。

アサリがかなり残念だったけど、ほかは大満足。ご馳走様でしたー!

8時ごろお店を出たときには、パン屋の大行列も収まっており、残っていたバゲットとマカロンをゲットして帰路に着いたのでありました。楽しくて美味しい1日に感謝。
[PR]
by haustin | 2011-04-26 14:09 | Travel | Comments(6)

旦那のミートローフ、コーンビーフ、ブリトー

日曜日は、手作りピザ、と決まっているのですが、土曜日はいつもその日の気分で。週に1度の食糧品買出しの日でもあるので、買い物しながら決めるときが多い。

で、最近は、旦那が「Big dinnerがほしい、、、」と、自分の好きなものを作ってもらうことが過去2ヶ月に何度かあったので、今回まとめて。。。

とある土曜日。旦那のミートローフ。作り方は不明。でも日本のパン粉は使ってくれず、ターキーの中のスタッフィングをすりつぶして使うのだけは知っている。なかなか美味。
a0124555_13394271.jpg


お次は、緑の日、じゃなかったセントパトリックデーの週末。ターキーとハムと同じく、年に一度は食べないと気がすまないらしい。今年はトレジョのを使ってみたら、結構おいしかった。もちろんターキーとハムのときにしか使わないロースターの出番(笑)。コンロ2つ使って3時間ほどことこと煮る。もちろん2人なのに、5パウンドかっていた旦那(笑)。私、脂身の部分が好き。
a0124555_13395125.jpg

手前はもちろん私の。奥は旦那。芋と肉だけ(苦笑)
a0124555_1340339.jpg



突然Safewayで、「ブリトー!」といってカートを残して猛ダッシュして材料を両手に抱えて帰ってきた旦那。もちろん、中身は肉とチーズだけでいいんです(笑)
a0124555_13402589.jpg

巨大ブリトーをむさぼるだんな。幸せそうでした。
a0124555_13403580.jpg



番外編。これはだんなではなく、私が一から作ったマカロニチーズ。カリフォルニアばあさんの本を参考にさせていただきました。ちょっと分量変えたんですけど、美味しくできました。
a0124555_1339293.jpg


あと、これも旦那ではなく私。旦那がブリトーを食べている傍らで、私はツナステーキのアボガドタルタル添えを。Food Channelをみてひらめいたのです。All Cladは、ツナを焼くのに最適。ちょっと焼きすぎたんだけども(4分やいてしまった)、片面2-3分でちょうどいい感じ。アボカドはねぎ、赤たまねぎ、ゴマ、わさび、ライム、Albertoさんのオイルとビネガーが入ってます。かなり適当な分量の割りに、おいしかったー!
a0124555_13401431.jpg



こうやって、のどかな週末をすごせるって、本当に幸せなことなのであるなあ、と感謝の気持ちでいっぱいです。
[PR]
by haustin | 2011-04-19 13:55 | Cooking | Comments(4)

ほんとうに、至福のオリーブオイルであった。

気づいたら最後のブログから2週間も経過していた、、、あまりに仕事はOn fireで、しかも出張は延期になり、プライベートも飲み会が続いて、シャンパン倶楽部もついに30本制覇し、超豪華ワイン会にもおよばれあったり、パーソナルトレーニングをうけていたジムもやっぱり遠いから家でWiiのワークアウトを毎日30分して汗を流し(今年の目標は6パックですから。むふふ。)、家探しもまた3ヶ月の休みから復活してぼちぼち再開、、などなど充実して毎日過ごしているところです。書く暇がないというのが事実ですが、時間を作ってUpしていかねばたまる一方ですね。


さて、こちらで書いたとおり、2月に入り、Albertoさんに注文をいれました。

イタリア人ってお調子者で、おつりはくれないし、ずるいところがある、、と、ひそかにイタリアは好きだけどイタリア人はちょっと苦手・・と思い込んでいた私。でもAlbertoさんのおかげでそんなのは思い込みだとわかりました。

メールでやり取りしていたのですが、毎日返事をくれて、いろいろな質問にも丁寧に答えてくれました。ついには、注文入れたらすぐに私の入金を待たずに配送してくれる始末。。。。早く届けたいからって。。。ちょっとこっちが心配になりましたー(笑)。1ヶ月ほどかかるといわれたものの、実際には船便で2週間で到着。FDAの番号も取得しており、イタリアのオーガニック規格もとっているため、荷物にはきちんと必要な情報が盛り込まれており、スムーズだったよう。あまりのはやさにびっくり!

はるばるイタリアからやってきた、オイルとワインビネガー。丁寧に梱包されていたので割れたりはしていませんでしたが、ビネガーの蝋の部分がかけたものが半分。ギフトにはちょっとむずかしいのかもしれません。自宅用なのでぜんぜん大丈夫ですが。
a0124555_1373014.jpg


ビネガーの香りは、かなり独特。熟成したバルサミコとはまったく違い、あくまで熟成した赤ワインを使ったビネガーという感じ。かなり癖があるので、やっぱりAlbertoさんのこの絞りたてエキストラバージンオリーブオイルといっしょに使うのがベストのようです。
このオイルも、今までのエキストラバージンよりも、ぴりっと感がしっかりあり、本当に良質のオイルだなあ、、、という実感。美味しいんですわ。
a0124555_1374671.jpg


届いた当日に、パンを買ってきて、ペロッと平らげました。
a0124555_1375822.jpg



その後も、ワイン会に持参して、パンといただいたり、ドレッシングとしてサラダにかけたり、同じくイタリアのマルケ州のとりたてエキストラバージンオイルと食べ比べしたり、、、と皆さんと楽しんでいます♪ まだ2ヶ月弱なのに、もう1リットル缶の半分はなくなってしまった(笑)。ビネガーももう1本がそろそろ空になりそうです。こんなことなら、オイルは3つ、ビネガーは6つにすればよかったなあ。。。

Webサイトにのってない情報として、Albertoさんからいろいろ教えてもらった情報は、

- このビネガーは、自分のオリーブ畑の周りにある古いブドウ畑からとれたChianti Colli Fiorentiniからできている

- 必ず最初にビネガーを先に入れ、味見しながらオイルを少しずついれて混ぜるように。

- スパイス、パセリ、マスタードなどでビネグレットも作れます。オイルは必ず最後に入れるように。

- 小たまねぎ、ブラウンシュガー、ローレルなどとも相性がよいです。

- パストライズしていないので、もしおりがあれば、ガーゼでこしてください。

- このオリーブオイルに、マスタードとしょうゆを少々まぜると、最高のステーキソースになります(トスカーナ的なステーキの食べ方)

以上です。


かかった費用は、振込み手数料 25ドル(Chase)、送料 47ユーロ(オイル3缶とビネガー6本で)のみ。振込み時の為替は、1.38ユーロだったのですが、銀行のレートは1.41でした。多く買えば買うほど、手数料の頭割りは減るので、次回はもっと多くの人と購入できるとよいなあ。最初だったので、リスクがあったため、あまり勧誘しなかったのだけど、今回の経験で、この人からなら大丈夫だ、とよくわかったので、次回からは自信を持って勧誘するぞー(笑)。

毎年、オイルは2月中にリリースされるようですので、興味のある方は今からでも遅くないですよー!ほんとにあっという間に消費してしまいますので、大目にかっても大丈夫だと思います!
[PR]
by haustin | 2011-04-19 13:32 | Cooking | Comments(4)


CAサンノゼ在住。旅行、食、ワインペアリング、シンプル料理が趣味。ホームステイ受入れ中。お問い合わせはhomestay@fitawi.comまで。* 犬のインスタグラムはじめました。https://www.instagram.com/bt.yasha_/?hl=en


by haustin

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
Cooking
Breakfast・Dessert
Pizza
Homestay
Home and Gardening
Travel
Champagne
Wine
Beer
Other drinks
Restaurant
ミシュランレストラン
Hiking
Health
Book and Studies
Misc
未分類

以前の記事

2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...

最新のコメント

>しんさん コメン..
by haustin at 03:34
ピザ記事から来ました!ど..
by しん at 02:28
>Akiさん お久..
by haustin at 03:16
お久しぶりです。 アプ..
by artfarmandgarden at 20:42
>huijiaさん ..
by haustin at 14:00

検索

フォロー中のブログ

vivid memories
butakoの2年間の休...
コック家の生活 in フ...
shina_poohな日...
フィレンツェ田舎生活便り2
世界たべあるき日記
知りたがりやの食べたがりや
北イタリア自然派生活
ブルターニュから美味しい...
Lush Life
Piccoli Pass...
セロリ日記
イタリアで過ごす日々
イタリア~ノ ご家庭レシピ
日本、フィレンツェ生活日記
パルマの食と生活
LaLaLa La Me...
シチリア食通信 、時々イタリア
シチリア時間BLOG 2
ボローニャとシチリアのあいだで
地中海の島がえり
UNDERCURRENT
wine, food a...
アート農場と庭

ブックマーク

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
料理・レシピ

画像一覧